環境で全てが決まるpart2 住環境について

  • 2019年2月24日
  • 雑記
  • 183view

どうもプロサラです。

 

環境で全てが決まる、第二回は住環境についてです。労働環境と同じくらい住環境は重要です。住環境次第でストレスの回復度合いや快適さが異なりますし、資金面で見れば場所によってはお金を貯めることもできます。今回は住環境について説明します。

 

いかにリラックスできるか

住環境で大切なのはいかにリラックスできるかではないかとプロサラは個人的に思っています。快適な住環境であれば、心身ともに健康でいることができます。仕事のパフォーマンスも上がりますし、休日もストレスなく過ごすことが出来ます。

 

逆に快適でない住環境であれば心身の回復がなされない、休日もストレスが貯まってしまうことになります。このように住環境は心身の健康に密接に関わるので大切です。

 

家賃をいかに抑えるか

一方で住環境は賃貸の場合は家賃を支払う必要があります。当たり前ですが、家賃が高ければ高いほど快適な環境を得られるでしょう。しかしながら、高い家賃だと支出が増えてお金が貯まりません。したがって考えないといけない事は低い家賃でいかに快適な家を探すか、になります。

 

さらに、会社の複利厚生精度があれば絶対に活用するようにしましょう。例えば、社宅制度や住宅手当などがある会社の場合はその要件を満たしてもらえるようにしましょう。

 

ライフステージに合わせた住環境を

住環境はライフステージに合わせて変えて行く事も大切です。独身であれば便利な立地が好ましいでしょう。近くにコンビニがある、駅から近い、都市部に近いなどです。結婚して子供がいたら子供を育てやすい環境が好ましいでしょう。

 

緑がある、治安がいい、公園が多い、などでしょうか。このように生活ステージに合わせて住環境を変えていく事も大切です。

 

まとめ

いかがでしたでしょうか?

 

環境を変えることは良い生活を送るためには必須です。コスパという側面から考えるといかにコストを抑えて快適な環境に住むか、になるかと思います。

 

Part1はコチラ

環境で全てが決まるpart1 労働環境について