【英語学習はコレ】スピーキングはレアジョブ・ライティングはGramarry!

どうもプロサラです。

前回はリスニング・リーディングの勉強方法について解説しました。

リスニング・リーディングの勉強方法についてはコチラ

関連記事

どうもプロサラです。 本日はIELTS6.0を取得するまでにプロサラが行ってきた勉強法を解説します。リーディングとリスニングのトレーニングを0円でできる方法について解説します。 0円でリーディング、リスニング力をアップするための前提 リー[…]

今回はライティング・スピーキングについて解説します。結論から言うとスピーキングについてはオンライン英会話レアジョブが効果的です。



レアジョブを用いた勉強方法については以下を参照下さい。

オンライン英会話レアジョブについてはコチラ。

関連記事

どうもプロサラです。 社会人4年目の頃、29歳の頃にMBA留学したいと思うようになり、「よし!英語の勉強をしなければ」と思いはじめたのがオンライン英会話でした。ここではプロサラがおススメするオンライン英会話レアジョブについて説明します。 […]

ここでは特にライティングについてプロサラが行っていた勉強方法について解説します。ライティングについては自分で答え合わせもできず、どうやったらよいのか難しいのではないでしょうか?プロサラは独学で最初はやろうとしましたが、難しいことがわかりました。なので最初はbeoという留学エージェントが行っているライティング講座を受けました。

結果から言うとこれはダメでした・・・。

ここである程度力がついたら、Gramarryというサイトを使って勉強しました。Gramarryはおすすめです!!

 beoのライティング講座

beoについてはご存知ない方がいるかもしれませんので紹介いたします。

beoは3つの事業を行っています。

留学事業、英語学校事業、その他事業です。留学事業では海外の大学の代表事務局の経営、留学イベント・セミナー開催、留学サポート(カウンセリング、出願代行、ビザサポートなど)を行っています。

英語学校事業では、海外の大学・大学院留学の為の予備校の経営、英語学校の経営、英語教師の企業、学校法人への派遣、を行っております。

プロサラはこのうちの英語学校事業で英語講師によるライティング講座を受講しました。

beoについてはコチラ

ライティング講座についてはコチラ

ライティングについて熟知しているネイティブから添削を受けることが可能な講座です。形式はIELTSのライティングを想定しているのでそのまま試験対策にもなります。ライティングの難しいところは、構成や文法が正しいのかどうかがわからないところで自己採点できません。

そこでネイティブに添削してもらうことで具体的な指摘を受けることが可能で、その結果ライティング能力が向上するのです。IELTSライティング講座の費用は97,200円です。1課題につき2回添削してもらえます。はっきり言うとコスパが非常に悪いです。

また、IELTS4.5は最低条件とありますのでこのスコアは最低取得しておく必要があります。これを受けることで基礎的なライティング力が身につきます。

Grammarlyは自動で文法添削してくれコスパも良い

とはいえ、お金がかかるのでライティング講座を何回も受けているとコスパ悪いです。そこで、ある程度ライティングスキルが身についたら、Grammarlyというサイトを使いました。

Grammarly makes sure everything you type is easy to read, ef…

このサイトはその名の通りウェブ上で自分の書いた文章の文法を自動で添削してくれます。したがって自分の書いた文章をGrammarly上に貼り付けて、クリックするだけで文法的におかしい部分を指摘してくれます。フリープランとプレミアムプランがあります。

フリープランでは基本的な文法とスペルチェックを行ってくれます。プレミアムの場合、これに加えて文脈のチェック、文章構造のチェックを行ってくれます。また、類義語の提案を行ってくれます。また、文章のジャンルを自動的に判断してライティングスタイルもチェックしてくれます。

料金はプレミアムが月額$29.95です。日本円にして約3,300円。年間契約ですと月あたり$11.66=約1,300円で使用できます。プロサラはこれを使っていました。非常にコストが安いですし、何回も使えるので助かりました。難点は日本語サポートがないところですが、英語が中級レベルになれば使いこなすことは可能です。

このサイトはプロサラがMBA留学中にも使っていたのですが、英語ネイティブのイギリス人に聞いてもこのサイトは素晴らしいと言っていました。修士論文執筆の際もサイトが非常に役立ちました。なので、ライティングを勉強する方で中級以上の英語力(TOEICで600点くらい)があれば使用されることを強くおススメします。留学前からプレミアムプランで契約して使っていけばコスパよいこと間違いなしです。

まとめ

ライティング・スピーキングの勉強方法について、いかがでしたでしょうか?スピーキングもライティングも繰り返し行うことが重要なのは言うまでもありません。それより重要なのはクリティカルなフィードバックをしてくれる人が重要です。とはいえ、英語学校が運営するような講座は非常にコストが高いのが難点です。

本記事で述べたようにスピーキングであるならばオンライン英会話のレアジョブが有用です。

関連記事

どうもプロサラです。 社会人4年目の頃、29歳の頃にMBA留学したいと思うようになり、「よし!英語の勉強をしなければ」と思いはじめたのがオンライン英会話でした。ここではプロサラがおススメするオンライン英会話レアジョブについて説明します。 […]

また、ライティングならばGrammarlyが有効です。これらを使いこなす事でコストパフォーマンス良く、アウトプット力を上げる事が可能です。英語学校主催の講座を受けるよりも格段にコストを抑えることができて自分の英語力を向上することができます。

これらを一度試されてはどうでしょうか?