エリートMBAだけがMBAではない

どうもプロサラです。

 

一般に、MBAといえばエリートサラリーマンがいわゆるMBAランキングの上位校に2000万円弱くらいの資金投資をし、卒業後は外資系投資銀行やコンサルティングファームで年収2000万円くらい稼ぐ、といったイメージがあるのではないでしょうか?

 

今回はそれ以外にも色々なキャリアを作る可能性がある事をプロサラの身近な人を紹介する形で説明していきます。

 

青年海外協力隊からMBA

プロサラの友人の1人でユニークなキャリアの持ち主がいます。大学卒業後、新卒でIT系の企業でエンジニアとして数年働いた後、青年海外協力隊員としてアフリカ地域で数年を過ごし、その後にMBA留学していた人です。

 

外国の友人が多く、世界中を旅するのが好きなその友人は外国人とのコミュニケーションが上手でした。卒業後はイギリスのIT企業で数年働き、今は日本に帰国してコンサルティングファームで働いています。

 

外資系企業の法人営業を経てMBA

先輩の1人です。外資系の大手ベンダーで法人営業を数年した後、MBA留学してきました。趣味のアルティメットというスポーツで世界大会に出るほどの腕前の人で面白い人でした。卒業後は外資系大手製薬メーカーのマーケティング職で働いています。

 

日系大手企業で働いてMBA

これも先輩です。MBA留学前は誰もが知る大手通信メーカーで働いた後、退社してMBA留学していました。アクセサリー作りが趣味で自分でネットショップを運営してらっしゃいます。

 

このショップのクチコミ評価がとても高く、プロサラもたまに使わせてもらっています。帰国後は大手人材系企業で事業開発に携わられています。

 

日系大手企業を経てMBA

新卒で大学卒業後、日系大手物流企業へ入社して数年働いた後、MBA留学しています。趣味のFX投資ではかなりのリターンを得ている人でした。ユニークな人生を歩んでいて、独自の哲学を持っている人です。

 

大学時代にオーストラリアへ留学経験があり、韓国語も少しできる人でした。MBA留学後は日本へ帰国しマーケターとしてのキャリアを歩んでいます。

 

日系大手金融企業を経てMBA

生命保険会社で勤務の後、日系大手銀行へ転職した後にMBA。ファイナンスを極めに来ていました。投資が趣味で区分マンションを数戸もっており、アベノミクスで大もうけしていました。

 

帰国後は日系大手製薬会社を経て、現在は外資系大手ファイナンシャルアドバイザリー会社で働いています。

 

まとめ

いかがでしたでしょうか?

 

トップMBAでなくとも色々なキャリアを歩んでいる方がプロサラの身近にはいます。それぞれ生き方もユニークで話しているだけでとても面白い人ばかりです。MBA留学の面白さの一つとして色んなバックグラウンドを持った人と同じ時を過ごせるのは貴重な経験になったと今思えます。