しっかり睡眠を取って仕事効率アップ

どうもプロサラです。

効率的に仕事を進めるための方法、第7回は「しっかり睡眠を取る」です。頭が冴えていないと仕事のパフォーマンスは低下します。睡眠がしっかり取れているとアウトプットスピード早くなりますが逆に睡眠が取れていないとスピードは遅く、アウトプットの質も低くなります。睡眠補助アプリの力も借りながら質の高い睡眠を取るような工夫をすることが重要です。

残業続きのブラック企業時代は低パフォーマンスだった

プロサラは1社目はブラック企業で働いていました。残業は月80時間は当たり前です。朝7時から夜22時くらいまで仕事をしていましたが、この時のパフォーマンスは非常に低かったです。

なぜならリラックスする時間を十分に確保できずに睡眠の質が悪かったからです。だらだらと仕事をするハメになり、頭がぼーっとした状態で資料作成をしていました。

睡眠時間を7時間は最低確保することでパフォーマンス向上

今は睡眠時間をしっかり取るようにしています。頭が非常に冴えているのでアウトプットも良いものが出てきます。短時間にパッと仕事を終わらすことができるようになりました。睡眠時間は7時間は確保したいところです。5時間睡眠だと頭がぼーっとしてきてよいパフォーマンスを出せません。個人的には7時間から8時間がベストです。

睡眠の質も重要

睡眠を取ることも大切ですが、質の良い睡眠を取ることも重要です。自分にあったベッドや枕、マットレスを準備しましょう。最近は睡眠を補助するアプリなどもあります。こういったツールを使って自分の睡眠の質をモニタリングすることもオススメです。

例えば、睡眠トラッキングアプリのSleep Cycleはオススメです。眠りの状態をモニタリングしてくれるのに加え、眠りが浅い状態の時を見計らってアラームを鳴らしてくれますのでパッと目を覚ますことができます。

Sleep Cycle alarm clock

Sleep Cycle is an intelligent alarm clock that analyzes your…

まとめ

いかがでしたでしょうか?

仕事を効率的に進めるためには十分な睡眠時間を確保することが重要です。ショートスリーパーの人は別ですが、プロサラは7時間の睡眠時間がないと十分なパフォーマンスは発揮できません。個人差はあるかと思いますが、ベスト睡眠時間を見つけて頭が冴えた状態で仕事をすればかなり効率的になります。

効率的に仕事を進める方法シリーズ、他にも読まれていますのでどうぞ。

仕事効率化編へ