MBAホルダーは優遇されるのか?

どうもプロサラです。

 

MBAを考えている人にはMBAホルダーは優遇されるのか?と思っていらっしゃる方、結構多いかと思います。そんな方々への疑問に本記事では答えていこうと思っています。結論からいうとMBAホルダーであれば外資系企業ならば優遇されます。日系企業は企業体にもよりますが、大企業の場合は優遇されるとは言えません。

 

採用面

外資系企業はMBAホルダーを採りたがります。もし、同じ経歴の人で片方が海外MBAホルダー、片方がNon-MBAホルダーの場合、間違いなく前者を採ります。これは以前に別記事でも紹介しましたが、MBAホルダーであれば経営に関する教育を受けていますのでコミュニケーションが取りやすいことも挙げられます。

 

待遇面

待遇面ではMBAホルダーは外資系企業勤務の場合は優遇されるでしょう。先述の通り、外資系企業はMBAホルダーを採用面で優遇しますので、それはすなわち待遇面でも優遇するということです。なぜかというと特に海外MBAの場合は取得にかかった費用が相当な金額になります。その分も会社は考慮してくれるのです。

 

MBA新卒で外資系企業へ入社する場合には給与交渉は行った方がいいでしょう。プロサラは30歳でMBA取得しましたが、MBA新卒で入社した企業からのオファーレターにはブラック企業勤務時代に比べて1.5倍ほどの金額が定時されていてすぐにサインした記憶があります。

 

キャリア構築面

キャリア構築面ではMBAホルダーだから優遇される、というのはあまりないでしょう。外資系企業の場合は実力がものを言う世界なので、結果を残している人に方がMBAホルダーよりもキャリア構築面では有利になります。

 

しかしながらMBAホルダーで結果を残していれば、確実にキャリア構築面でプラスに働くでしょう。まずは実績です。その次に学歴が求められます。MBA教育を受けていればキャリア構築に有利に働くでしょう。

 

まとめ

いかがでしたでしょうか?

 

MBAホルダーを外資系企業は採用したがりますので、採用面、待遇面でMBAホルダーは有利になるでしょう。とはいえ、キャリア構築に関してMBAホルダーだから昇進しやすい、ということはありません。いかに結果を残したのかが重要なのです。