海外MBA留学者数の減少と国内MBA留学生数の増加

どうもプロサラです。

 

今、MBA取得を考えている人にとって、海外および国内の「MBAのマーケット」を理解しておくとよいでしょう。なぜなら10年前と比べて明らかにマーケットが変わってきていて選択肢が多様化しているからです。本記事ではこの点について解説したいと思います。MBAマーケットを理解して、自分のキャリアプランと照らし合わせることでどのMBAを受けたらいいのかわかるようになります。

 

海外MBA留学者数の減少と国内MBA留学生数の増加

海外MBA留学する日本人が減少する一方でグロービスなどの国内MBAを受講する人が増えています。留学する日本人が減少する要因は社費留学制度を止める企業が増えたこと、国内MBAへ通う人が増えたことがあげられます。国内MBAが増えてきたことには、MBA認知が増えた事、低コストでキャリアップへ繋がることができるかと思われます。

 

海外MBA留学する人がなぜ減少したか

日経新聞の記事によると、以下の理由によりMBA留学者数が減少しているといいます。

 

・企業が社費留学制度を止めるから

・社費留学制度を止めるのは社費留学した人が会社を辞めてしまうから

 

(参考)

米MBA留学の日本人半減 「帰国後すぐ退社」企業が懸念

日本経済新聞 電子版

多くの著名経営者を輩出してきた米国のトップ大学で、経営学修士号(MBA)を取得する日本人留学生が10年間でほぼ半減してい…

 

また、後述するように国内MBAの選択肢が増えたことが海外MBA留学者が減少した有力な理由として上げられます。

 

なぜ国内MBAへの留学者が増えたか

社費留学制度の減少による海外MBA留学者が減少する一方で国内MBAのスクールの選択肢が増加したことも海外留学者が減少したことの理由の一つです。以下のグロービスの調査を引用すると2000年代以降は日本でもMBAの認知度が社会的に広がった結果、2003年以降、国内MBAの受講者数が増えているとのことです。

 

引用

2000年代初頭までの日本では、MBA取得といえば海外のビジネススクールへ企業から派遣されて取得するか、もしくは私費で一定期間(2~3年)の休職、または仕事を辞めて留学し、取得するのが主流でした。しかし2003年からは、海外でMBAを取得する日本人が減少する一方、国内でMBAを取得するビジネスパーソンが急増しました。

 

 

(参考)

日本国内MBAの概況

創造と変革のMBA グロービス経営大学院

日本国内MBAの概況のページ。実践的なMBA(経営学修士)のグロービス経営大学院。リーダー育成のビジネススクールとして、…

 

 

行くべきは海外MBAか国内MBAか

上記のようなMBAマーケットの変化をとらえると、国内MBAでも十分にキャリアアップできるチャンスがあるかと思います。MBAでも様々なカテゴリに分類することができます。

 

地域別:国内 or 海外 (海外なら アジア or 米国 or 欧州)

スクールランキング: 高 or 中 or 低

受講スタイル:フルタイム or パートタイム

受講環境:リアル対面(スクール形式) or オンライン

受講期間:1年制 or 2年制

 

これらの複数のMBAコースがあることを理解して、どれが一番自分のライフスタイルやライフプラン、キャリアプランに合うのかを考えて受講することをオススメします。本ブログでは上記様々なMBAについて解説していますので気になる方は以下のリンクからお進みください。

 

国内MBAか海外MBAか迷われている方に参考になるかと思われます。

関連記事

どうもプロサラです。 国内と海外MBAで何が違うのか、と考えている方いらっしゃるかと思います。プロサラは海外MBAを取得し、国内のMBAコースを提供しているグロービスへも単科受講した経験があるのでそこから得た雰囲気から説明していきます。 […]

国内オンラインMBAについて

関連記事

どうもプロサラです。 今回は国内MBAか海外MBAかに迷っている人に向け、国内MBAに向いている人に焦点を当ててみました。国内MBAに向いている人とその理由を詳しく書いていますので興味のある方はご覧下さい。自分が国内MBAに当てはまるかど[…]

グロービスMBAについて

関連記事

どうもプロサラです。 グロービスがMBAコースの卒業生に関する調査結果を公表しました。そのデータによると年収が大幅アップ、役職アップとプラスの効果が高いようです。国内MBAは雇用保険の専門実践教育訓練給付金の対象にもなるので、非常にコスパ[…]

米国オンラインMBAが急増している

関連記事

どうもプロサラです。 フォーブスオンラインにオンラインMBAの受講者数が増えていることについて記事がありましたので紹介します。オンラインMBAは場所に捉われず、コストも低い事から人気になっているようです。プロサラも以前のエントリで説明して[…]

オンライン海外MBAについて

関連記事

どうもプロサラです。 以前に別エントリでパートタイムで参加できる海外の大学が提供するDistance Learning MBA (海外オンラインMBA)を紹介しました(下のリンク記事)。今回はこの海外オンラインMBAについてのメリットにつ[…]

どのMBAコースに行けばいいか迷ったら

関連記事

どうもプロサラです。 お悩み相談第三回はMBAに関してどこのMBAに行くか悩んでいらっしゃる方について紹介します。結論から言うと、自分の将来キャリアとの関連付けで考えることが必要です。 前提条件 29歳女性。現在は製薬会社MR、年収650[…]

 

まとめ

いかがでしたでしょうか?本記事では海外MBA留学者数の減少と国内MBA留学者数の増加について深堀りしてみました。受講スタイルも含め、様々な選択肢が増えてきたMBA、安易に海外MBAという選択肢を取らずに背景を理解した上でどのMBAに行けばいいのか検討してみてはいかがでしょうか。