MBA留学する際はコスパをしっかり考えよう

MBA留学

どうもプロサラです。

 

MBAを海外で取得するには莫大なコストがかかります。金銭面でいくと生活費や授業料です。フルタイムの場合は機会コスト(働いていたら稼げたであろう金額)もあります。

 

また、時間もコストの一つです。英語の勉強、GMATの勉強、出願準備、などなどです。これだけ時間とお金をかけて留学して「日本で就職した場合」、果たしてかけた時間とお金は取り戻せるのでしょうか?

 

スポンサーリンク

転職エージェントAXIOMの調査データより

少しデータは古いのですが、転職エージェントのAXIOMがMBAホルダーの年齢と年収の相関データに関する調査を出しています。

 

【参考】

年齢と年収の相関図 | 外資系・MBAの転職・求人ならアクシアム
1993年創業。MBAの転職支援に数多くの実績を持つ。次世代ビジネスリーダーのキャリア構築を支援するサーチファーム。単なる転職ではなく、展望を伴ったキャリア=「展職」のコンセプトで一人ひとりにあったキャリアコンサルティングを中長期的に提供。

 

AXIOMは主にMBAホルダーに日本での転職先を紹介するエージェントです。したがって日本で転職したMBAホルダーの年収がわかります。これによると平均年齢は35.8歳、平均年収は915万円です。このデータをどうみたらいいでしょうか?35歳で915万円は年収だけを見ると高いように見えます。

 

スポンサーリンク

留学にかかる費用を考えてみる

ですが、そこにかかった費用を考えるとどうでしょうか?米国の2年制MBAの場合、TOP校であれば総額2,000万円くらいかかります。中堅校であったとしても、1,000万円以上はかかるでしょう。

 

さらに2年であれば、2年間働かないことになるので、留学前の年収が600万円だとすると1,200万円の機会ロスになります。

 

中堅校であったとして、合わせて2,000万円以上かかります。留学後の年収が915万円だったとすると何年で取り戻せるのでしょうか?シミュレーションしてみましょう。

 

スポンサーリンク

シミュレーションしてみた結果

仮に30歳で年収700万円の人が米国中堅校に留学して2年後に帰国、帰国後に年収915万円で働いたと想定します。何年で費用回収できるのでしょうか?

 

前提条件:MBA留学の場合、35歳で年収915万円、その後は2%で成長。MBAなしの場合、年収700万円スタートで2%成長。留学の場合31歳、32歳は働かないため収入はセロ。生活費・授業料で留学中2年間で1,200万円かかると想定。

 

結果:49歳で黒字へ。回収まで19年かかる。

 

留学前年収が600万円の場合(前提条件は給与以外は全て同じ)

結果:42歳で黒字へ。回収まで12年間かかる。

 

回収までかなり時間がかかる事がわかります。留学前の年収が700万円の場合は行かない方がよいのではないでしょうか?

 

プロサラの場合

 

1年制の欧州MBAへ留学したプロサラの場合、留学前の年収が600万円、留学直後の年収が850万円、留学3年後の年収が1,100万円でした。この場合、37歳で黒字化します。

 

(参考)MBA投資とリターン

MBA投資とリターンについて
MBA留学を決意してから、留学準備→留学→帰国→転職→現在、に至りますが、いったいいくらお金を投資して、リターンはどうなのか? 興味のある人は多いのではないでしょうか? 私の経験から実際に...

 

スポンサーリンク

まとめ

AXIOM社のデータを引用しましたが、MBAを検討する場合何年で費用回収できるかしっかりとシミュレーションする必要があります。

 

冒頭に述べたように時間および金銭面での投資になるので、自分なりに前提条件を組んでシミュレーションする必要があります。特にTOP MBAを目指す場合は帰国後は年収1,300万円以上は狙わないと早期回収は難しいです。

 

この当たりをしっかり考える必要があるのではないでしょうか?

MBA留学留学準備
スポンサーリンク
プロサラをフォローする
スポンサーリンク
プロサラいすと

コメント