新卒入社5年以内にキャリア戦略を考えよう

どうもプロサラです。

新卒で入社したら少なくとも5年以内にはキャリア戦略についてしっかりと考えておく必要があります。ここをおろそかにして毎日流れるように日々を送っていると30代は大変な事になる可能性があります。

ブラック企業勤務の場合

もし、この記事を読まれている方がブラック企業勤務の場合、すぐに転職プランを考えましょう。しかもかなり入念に考えた方がいいです。考え方については以前に戦略的転職プランの立て方をシリーズ記事で書いていますのでそちらをご覧下さい。

(参考)戦略的転職プランシリーズ

なぜ入念に考えた方がいいかというと、安易に考えてしまうとまたブラック企業に転職してしまう可能性が高いからです。これについては以前に別記事で書きました。キャリアプランは慎重に考えた方がいいです。転職エージェントに登録して相談するのも一手です。

プロサラはDODAにお世話になっています。外資系・日系含め圧倒的な求人数でオススメです。

(参考)ブラック企業を抜け出せない人たち

関連記事

どうもプロサラです。 ブラック企業へ勤めていても何も考えずに目先の事だけ考えて転職すると同じようなブラックな環境に身をおいてしまうことになります。ブラック時代にいた身近な先輩たちは会社を辞めて転職していますがいずれも再びブラックな環境で働[…]

ホワイト企業勤務の場合

もしホワイト企業勤務の場合、そのまま仕事を続けた方がよいでしょう。とはいうものの、成果を上げているのに給与に反映されない、実力あるけど評価されていない、と感じる人は外資系企業に転職してキャリアを作って行く事も考えられます。

新卒5年以内なら、外資で働いて30代前半に日系に戻る、という選択も可能です。現状に特に不満がないならば今のままホワイト企業で勤めましょう。

何も考えなかった場合

特にブラック企業、もしくはハードな環境で働いている人は30代以降のキャリアを真剣に考えた方がいいでしょう。何も考えずにそのままにしていると結婚、子供ができた時に困ります。ライフステージに合わせて自分の労働環境も変えていく努力をしないと30代は忙しすぎて何もできなくなってしまう可能性があります。

ライフプランとキャリアプランを立てる

新卒入社してできれば3年のうちに社会を知って、現状を知って、これからどうするのか考えましょう。その際には単に仕事だけのことを考えるのではなく、人生という観点で考えてみた方がよいです。人生プラン=ライフプランがあってキャリアプランが作れます。

まとめ

いかがでしたでしょうか?

新卒で入社したら少なくとも5年以内に自分の今後をしっかり考えてみましょう。その際にはライフプランを先に考えて、そのライフプランを達成するためには仕事をどうするか=キャリアプラン、を考えましょう。キャリアプランの前にライフプランです。

キャリア戦略策定については、プロサラがブラック企業時代に考えていたことを、その後のMBA留学・外資系企業勤務時代の経験から体系的にまとめた「戦略的転職プラン」をご覧下さい。

note(ノート)

「プロサラいすと」ブログからこちらのページへお越し頂きありがとうございます。本Noteはプロサラが20代にブラッ…