残業時間が少ない企業は転職先選びの絶対条件!必ず確認しよう

どうもプロサラです。

ホワイト企業シリーズも4回目になりました。今回は残業時間について書きます。ブラック企業時代は残業が当たり前でした。それも組織的に。特定の人が残業で残ってやっているというのでありません。全員が残業しているのです。ホワイト企業はこれとはまったく逆です。残業が悪なのです。

毎日定時で始まり、定時に終わる

今プロサラの会社では毎朝9時が定時です。9時に始まって17時30分に終わります。平均的に18時くらいに会社を出ています。残業時間は月に10時間くらいです。残業代もしっかり付きます。仕事の量も膨大な仕事を振られるという訳ではありません。

個人の状況を見て仕事が与えられます。したがって残業する事が前提の仕事の組み方はされないのです。そのため、定時に終わって帰ることができます。帰っても疲れ果てて寝るしかない、というような状況ではありません。ご飯を作れますし、ゆっくりする時間もできます。生活に余裕があります。

ブラック企業では残業が当たり前

一方で、プロサラが1社目で働いていた時は残業文化でした。月曜日は朝7時に出社、火曜日~金曜日は8時出社でした。会社を出るのは平均で20時~21時です。顧客のアポイントによっては帰宅が23時という日もめずらしくありませんでした。

仕事量も半端ありません。物理的に定時では終えられない量の仕事が降ってきます。家に帰っても疲れ果てているため寝るしかありません。土曜日も出社の日もめずらしくありませんでした。日曜日は体を休めるために充てていた日もありました。

完全に奴隷=社蓄状態でした。恐らくこのような生活をされている人、結構多いのではないかと思います。このあたりの事については以下に記事書いてますので参考にして下さい。

関連記事

  どうもプロサラです。   プロサラは1社目の会社を辞めてMBA留学しています。私費で退職して留学したのですが、退職する時が非常に面倒くさかったです。   今思えば非常に変な会社にいたなぁという感想[…]

ブラック時代とホワイト時代を比べてみる

労働時間でブラック時代とホワイト時代を比べてみましょう。ブラック時代は平均で12時間は毎日働いていました。ホワイト時代は平均で8時間です、1日で4時間違います。4時間違えば毎日映画2本鑑賞できます。ブログ記事が10本ほど書けてしまいます。

そして給料は年齢と役職は異なるので単純比較できませんが約400万円高い。時給換算するとブラック時代は時給2,000円、ホワイト時代は時給5,000円です。2.5倍の生産性の違いです。

まとめ

いかがでしょうか?

ホワイト企業の条件として残業がない事が挙げられます。単純比較はできませんがブラック企業時代と比較すると2.5倍の生産性の違いがある事がわかりました。

ブラック企業で奴隷のように働かされたくなければホワイト企業に勤務するべきです。残業と給与は人生にモロに影響を与えるので最も重要な要素です。

ブラック企業を退職されたい方、プロサラがブラック企業で働いていたときにはなかった退職代行サービスがオススメです。中でもSARABAは料金安く、サービス内容も他社と比較しても良い内容となっています。

関連記事

どうもプロサラです。 ブラック企業、ホワイト企業の両方で勤務した経験からホワイト企業の良いところをシリーズでお伝えしていこうと思います。転職する際の会社選びの基準にしてもらえたら幸いです。会社によって多少違うとは思うのと、あくまでプロサラ[…]

関連記事

どうもプロサラです。 ホワイト企業の条件その2として会社が団体定期保険に加入してくれていることです。これにより特に家族がいる世帯では万が一があっても経済的な補填がされます。個人で生命保険に入らなくても済むので経済的な負担が減ります。 15[…]

関連記事

どうもプロサラです。 ホワイト企業の条件もシリーズ3回目となりました。今回は「子育て手当て」について説明します。家族ができ子供がいる世帯にとっては非常にありがたい手当てです。ブラック企業時代はもちろん、外資系勤務時代にもなかった手当てでし[…]