ブラック企業脱出のための転職戦略

どうもプロサラです。ブラック企業に勤めていると思ったら、「すぐに転職」というのは安易です。失敗する可能性があるので注意しましょう。すぐには転職せずにまずはエージェントに登録だけしておきましょう。具体的な相談や案件の紹介は後に述べる、ブラック企業から脱出するための戦略が明確になったら行いましょう。以下ではブラック企業で働いている、と思った時にどう動くのかをステップで解説します。

 

衝動的に転職しないこと【ステップ1】

衝動的に転職しないことが最初のステップになります。ブラック企業で働いているかといってすぐに転職してしまうと再びブラック企業へ入社してしまう可能性があります。そしてブラック企業ループにハマってそこから抜け出せなくなってしまうと最悪です。その辺については以下の記事をご覧下さい。実際の話として、ブラック企業時代の先輩がブラック企業を脱出したものの、再びブラックな環境で働くことになり、疲弊し続けてしまう事例について解説しています。

関連記事

どうもプロサラです。 ブラック企業へ勤めていても何も考えずに目先の事だけ考えて転職すると同じようなブラックな環境に身をおいてしまうことになります。ブラック時代にいた身近な先輩たちは会社を辞めて転職していますがいずれも再びブラックな環境で働[…]

大手の転職エージェントに登録だけしておく【ステップ2】

 

まずは転職エージェントに登録しておきましょう。ただし、登録だけして相談や案件の紹介は受けないようにしましょう。まずは自分自身で転職の軸を明確にする必要があります。それが明確になってはじめてエージェントの担当者に相談するようにしましょう。登録する転職エージェントは大手1社、2社で十分です。色々なサイトでエージェントの説明がありますが、プロサラの経験上大手のDODAもしくはマイナビエージェントで十分です。以下それぞれの企業の詳細を見てもらって、好きな方に登録だけしましょう。

 

DODA

 

DODAは日本でも最大手の転職支援サービスになります。あらゆる業界・職種・年収の方を対象にしており、保有する案件数もかなり多いのでこの会社だけに登録しておくだけで十分な案件紹介を受けることができるでしょう。また、外資系のエージェントとは異なるので押しの営業も少ないです。以下にDODAの特徴を簡単にまとめておりますので未登録の方は登録しておくようにしましょう。

・転職実績では業界でも最大手
・非常に多いの非公開求人数(100,000以上)
・未経験から経験者優遇の職種から英語力はじめとしたスキルに応じ、様々な転職希望者へサポート

 

 

マイナビエージェント

マイナビエージェントも日本国内において最大手の一つの転職エージェントです。特に利用者からの評判も良いエージェントになります。首都圏や関西圏での案件に強みがあるので、これら地域で就業を考えている人にとっては最適なエージェントになります。

・サポートが熱心でとても丁寧
・中小企業からベンチャー企業まで幅広い会社への対応が可能
・第二新卒の求人も豊富に扱っている

 

マイナビ転職

転職は【マイナビ転職】。転職準備のすべてが分かる!日本最大級の転職サイト。プロによる「履歴書添削」「面接ノウハウ」「WE…

 

戦略的戦略プランを読み自分の転職軸を明確にする【ステップ3】

プロサラの戦略的戦略プランを読んで自分の転職軸を明確にしましょう。プロサラ流の転職メソッドをまとめた戦略的転職プランを読んで見て下さい。今なら値段は前編・中編・後編それぞれ200円です。この中にプロサラの今までの経験が凝縮されています(プロサラのこれまでについてはプロフィールをご覧下さい)。これを読んで実行することで転職軸が明確になります。

 

当時のプロサラは頭の中で転職戦略を考えながら行動していました。ブラック企業勤務、27歳時の年収は400万円。一流大に入れずに二流大卒。保険代理店の営業職という肩書でした。エリートとは程遠いプロサラは、試行錯誤しながらどうやったら30代中盤以降をサラリーマンとして楽して過ごせるのか、を常に考えて生きていました。

冷静に当時の状況とプロサラ自身のスキルを考えた結果、MBA留学しか選択肢はありませんでした。
(※この点については後編のケーススタディで実例を挙げながら具体的に説明しています)

そしてMBA留学し、外資系企業勤務を経て、今では日系グローバルホワイト企業の経営企画部にてM&Aや戦略的提携に関する仕事をしています。まったり勤務です。年収も400万円から外資系時代には1,200万円になりました。

話しが少しそれました。なぜこのような事が実現できたのか?それには理由があります。

その理由を一言でいうと、

「キャリアアップや転職には戦略が最重要であると認識していたから」

です。

戦略を立てることに時間と労力を多く費やすことで具体的な行動が見えてきます。逆にいうと戦略を立てずに行動すると自分のありたい姿・理想に近づくどころか、今の自分と変わらずループしてしまう可能性があります。プロサラはそのような先輩、知人を数多く見てきました。

この有料Noteではキャリア構築・転職における戦略を、どうやって組み立てたらいいか、具体的な方法論について説明します。この方法を実践することで、例えブラック企業勤務、低年収、一流大学卒でなかったとしてもキャリアアップさせ、自分のなりたい姿(プロサラの場合は30代中盤以降に楽して稼ぐ)を実現させることができます。

以下は対象読者と読むと得られるメリットです。

どんな人が対象?

以下の人を対象読者に想定しています。それ以外の人でも十分に伝わる内容ではありますが、以下の人が読むとリアリティがあります。なぜならプロサラ自身のスペックだったからです。

・年齢層:社会人1年目から30歳くらいまでの人
・大卒以上
・営業職(法人営業でなく、どちらかというと泥臭い個人営業)
・年収:350万円から600万円くらいの人で30代前半で1,000万円、35歳くらいまでで1,200万円くらい稼ぎたい人(ただし、サラリーマンとして。副業は考慮しません)
・20代後半から30代前半くらいまでは頑張って40代で楽したい人

読むと得られる事

本Noteで記事に書かれていることを実践することで、キャリアアップもしくは、現状から抜け出すために、

・具体的に自分が何をしなければならないのか

を明確に把握することができます。

※本Noteは年収3,000万円とか副業で2,000万円稼ぐとかいうレベルのモノではありません。実現レベルとしては30代前半で1,000万円、30代中盤で1,200万円くらいの年収レベルの実現を想定しています。逆にいうと、年収3,000万円くらいの人が提供するようなハイレベルで相当な努力をしないと実現できないようなノウハウではありません。普通の人が普通に努力すれば簡単に到達できるレベルのノウハウになります。

 

note(ノート)

「プロサラいすと」ブログからこちらのページへお越し頂きありがとうございます。本Noteはプロサラが20代にブラッ…

 

転職軸がまとまって初めて転職エージェントに相談【ステップ4】

 

自分の考えがある程度まとまったらエージェントに具体的に相談するようにしましょう。この時点で相談するようにしましょう。この段階になると自分なりの軸ができているのでエージェントに安易に紹介される案件について断ることができるようになります。ステップ3を飛ばして相談すると、再びブラック企業を紹介されて働いてしまう可能性が出てきます。

 

まとめ

いかがでしたでしょうか。今回はブラック企業から脱出するための具体的な転職戦略についてステップごとに書きました。まとめますと以下のステップになります。

ステップ1:安易に転職しない(まずは落ち着く)

ステップ2:大手の転職エージェントに登録だけしておく

ステップ3:戦略的転職プランを立てて自分の軸を明確にする

ステップ4:ステップ3に基づいて転職エージェントに案件相談をする

 

このステップを踏むことで失敗しないブラック企業脱出ができるようになります。