異業種転職のススメ

MBA留学

どうもプロサラです。

 

今回は面白い記事があったので紹介します。異業種転職についての記載がありました。プロサラが20代後半に考えていた事に近い事が書かれていました。

 

スポンサーリンク

記事要約

タイトルは以下の通りで「転職の思考法」の著者である北野唯我さんによるキャリア論です。

 

「専門性取りにいく転職・複業はあり」「仕事の楽しさvs人間関係はどちらを優先?」『転職の思考法』著者が答える

「専門性取りにいく転職・複業はあり」「仕事の楽しさvs人間関係はどちらを優先?」『転職の思考法』著者が答える
第一線で活躍するキーパーソンが、ミレニアル世代に向けてキャリアの極意を語るスペシャルライブトーク「BIキャリカレ(キャリアカレッジ)」が9月からス...

 

 

主に下記の点について書かれています。

「やりたいこと」を見つけるには?

「専門性」は急いで身につけるべき?

30代からの異業種転職、ありですか?

夢と出世ルート、どっちを取る?

職場の人間関係はどれほど重要?

 

この中でも特に30代からの異業種転職、ありですか?について、プロサラの考え方と似たところがあったので詳しく見ていきます。

 

スポンサーリンク

30代からの異業種転職について

記事では、アパレル業界で10年働いてはいるが業界の先行き不透明感から別業界に転職した方がいいのかどうか悩んでいる質問者に対して以下のように回答しています。

 

すなわち、「業界の生産性が低い、沈みかかった船にいるくらいだったら、思い切って飛び移った方がいい」と。また、アパレルが好きならば新規事業開発系の職種に移り、沈みかかった船を浮上させるような職種に就いてもいいのでは?と言ってもいます。

 

会社内で異動して失敗してもクビを切られる訳ではない一方で成功したら出世への道が開かれることからノーリスクミドルリターンです。また、失敗したとしてもそこで得られた経験・スキルはなくなる訳ではないから転職に有利となります。

 

スポンサーリンク

先行き不透明なら積極的に業種を変えるべき

記事ではこのようなことが書かれています。プロサラは前半部分には賛成です。すなわち、沈みかけた船に自分が乗っていると感じたならばすぐにでも乗り移るべきです。

 

沈んでからでは遅いです。沈んでから動こうとすると他の人も一斉に動くからです。したがって少しでもヤバイ、と感じたならばそのうちに動いた方がいいです。

 

後半部分は賛成できません。なぜなら、自分で沈んでいる船を再び浮かせるためには相当の努力が必要になるからです。社内ですぐに異動できるような環境があること、外部環境にオポチュニティがあってその実現可能性が高いこと、という条件があれば賛成できます。

 

しかしながら10年働いていて業界全体が先細りしている事がわかっているのならば転職すべきだと思います。

 

スポンサーリンク

もっと利己的になっていい

業界の成長性がある、イノベーションが期待できる業界とさらに、希少性の高い職種に就くこと、をプロサラはおススメします。

 

(参考)36歳でキャリアチェンジする方法

35歳でもキャリアチェンジできる方法教えます
どうも、プロサラです。 31歳から35歳までで転職回数3回、4社経験、平均すると1年あたり1社。外資系企業から日系企業へ転職。職種はグローバルマーケティング職から経営企画職へキャリアチェンジ。 このような転職を3...

(参考)転職マーケットにマッチした人材になるために

転職マーケットにマッチした人材になるための工夫
どうもプロサラです。 例え非常識な転職であったとしても時勢を読めば可能であることは以前の記事に記載したとおりです。 重要なのは、現在の人材マーケットを把握した上、今後5年後に必要となる人材は何なのか、常に...

 

現職で働かれている方で転職を考えたが、会社から「キミにはいて欲しい」とか「給与を上げるから残ってくれ」とか言われても、業界に成長性がなかったり、自分の今やっている職種が誰でもできるような代替性の高い仕事ならばすぐにでも転職した方がいいです。

 

会社がコケても会社は自分を守ってはくれません。自分のことは自分で守る必要があります。会社や周りから何と言われようと、収益性の高い業界や、希少性の高い職種を目指すべきです。実際にプロサラはそうしてきました。

 

収益性の高い業界の場合、時給が高くなります。希少性の高い職種の場合、転職マーケットでも高値で評価されます。会社に何かがあったとしても生き残っていく事が可能です。

 

(参考)レア人材になる方法

レア人材になる方法
こんにちは、サラプロです。 どうせサラリーマンとして働くんだったら収入は多い方がよいと思いませんか? サラリーマンなので年収4,000万円とか5,000万円とかは難しいでしょう。でも、年収500万を600万にする...

 

スポンサーリンク

まとめ

30代で異業種への転職を考えた方がいいか、という問いに対しては「Yes」です。先行き不透明で沈んでいく船に乗っているとわかっているならば、積極的に行動すべきです。プロサラの場合はMBAを取って実現させました。別にTOP MBAである必要はありません。戦略的にキャリアを考える事でハッピーになれます。

 

(参考)MBAを目指した理由

MBA留学しようと思ったキッカケ
どうもプロサラです。 プロサラがMBA留学しようと思ったキッカケを書いてみました。   MBA留学を検討されている方、参考になると思うのでご一読ください。 インドネシア人と日本人の結婚式のため、ジャカ...

 

また、もしブラック企業で働いていて転職したいが会社がさせてくれない方へ。プロサラがブラック企業で働いていたときにはなかった退職代行サービスがオススメです。中でもSARABAは料金安く、サービス内容も他社と比較しても良い内容となっています。

 

退職代行

LP | 退職代行「SARABA」

 

コメント