ポストMBA転職活動

MBA留学

ポストMBA転職活動

MBA採用をしている企業があれば受けてみるべきです。MBAホルダーの価値を理解している企業である事、高い報酬が望める事、戦略的なポジションに就けることが受けるべき理由です。外資系の事業会社や日系のメガベンチャーでMBA採用している企業が多いので一度調べてみてはいかがでしょうか?
MBA留学

異業種転職のススメ

30代で異業種への転職を考えた方がいいか、という問いに対しては「Yes」です。先行き不透明で沈んでいく船に乗っているとわかっているならば、積極的に行動すべきです。プロサラの場合はMBAを取って実現させました。別にTOP MBAである必要はありません。戦略的にキャリアを考える事でハッピーになれます。
MBA留学

ポストMBA転職術 CVの書き方

外資系企業での英文レジュメ作成時の注意点を説明しました。外資系企業の場合、面接は日本だけでなく、アジアや本国の人と面接します。国が違う、物理的に遠い環境の人と面接をすることになります。これを見越して、レジュメはシンプルにかつ数字で説明するようにしましょう。数字はどこの世界でも共通言語ですので相手に伝わりやすいです。
MBA留学

ポストMBA転職 給与交渉は必須

今回はプロサラの経験から外資系企業では給与交渉は必ずすべし、です。海外では労働時間から働き方まで交渉で決めていきます。それくらい交渉することは海外企業の場合は当たり前です。言われたままじっと我慢して耐えていれば報われる日本企業とは異なります。自分の思うところは積極的に主張して常に会社と交渉すること姿勢を持ちましょう。
MBA留学

ポストMBAの人気先業界は?

アメリカでは、テクノロジー企業でのMBAホルダーの採用が活発です。金融やコンサルティング業界とは異なり、より自由な風土があります。アメリカ企業は日本に進出を考えている、あるいは進出している企業が多いので、この動向は日本の動向にも影響を与えます。日本でもテック系企業の日本人MBAホルダーの採用が増えると考えます。
MBA留学

海外への転職 – ポストMBA転職 –

プロサラの経験から海外での転職がいかに難しいか理解頂けたのではないでしょうか。場所や給与を選ばなければ簡単にできると思います。ですが、せっかく高いお金をかけてMBAを取得したのですから、金銭的リターンの高い転職先を選ぶべきです。
MBA留学

MBA転職 LinkdInの活用法について

MBA後の転職活動ではLinkedInを外資系企業のHR担当者やエージェントと繋がって情報収集するため、スタートアップ企業やアーリーステージの外資系企業からの誘いを待つ、海外ネットワークを構築する、ために用いています。
MBA留学

ポストMBA転職 次のキャリアへの結び付け方

ポストMBA転職活動の極意→目標を立てる→目標へ到達するために必要なスキル・経験を把握する→自分が持っているスキルと今の仕事で身に付くスキルを把握する→ギャップを把握し、埋めるための戦略を練る→目の前の仕事に集中し、準備を行う。この流れを意識しながら毎日を過ごすことで自分のなりたい姿を実現することができます。
MBA留学

ポストMBA転職術 年収交渉術

ポストMBA転職時の年収交渉は以下3点です。エージェントに任せる。良いエージェントと付き合うこと。良いエージェントと付き合うためには自分自身が誠実であること。上記を意識することで自分の納得のいく年収が実現できます。
MBA留学

ポストMBA外資系企業での面接術

外資系企業での面接術について紹介します。同業種・同業界の場合はスキル・経験の刷り合わせになるので何をやってきたのかを話しましょう。異業種・異業界の場合は熱意とキャッチアップするための具体的な努力を伝えましょう。両者に共通する対策として端的にかつ早口で話すようにしましょう。