MBA留学

MBAあれこれ

20代の不満とMBA留学part5 残業が多い/休日が少ない

今回は転職理由ランキングの4位にライクインした「残業が多い/休日が少ない」がMBA留学によって実現できたことを紹介しました。次回は5位にランクインした「専門知識・技術を習得したい」について、MBA留学が解決してくれたことを紹介します。
MBAあれこれ

20代の不満とMBA留学part3 会社の将来性が不安

今回は転職理由ランキングの2位にライクインした「会社の将来性が不安」がMBA留学によって実現できたことを紹介しました。次回は3位にランクインした「給与に不満がある」について、MBA留学が解決してくれたことを紹介します。
MBAあれこれ

20代の不満とMBA留学part4 給与に不満がある

今回は転職理由ランキングの3位にライクインした「給与に不満がある」がMBA留学によって実現できたことを紹介しました。次回は4位にランクインした「残業が多い/休日が少ない」について、MBA留学が解決してくれたことを紹介します。
MBAあれこれ

20代の不満とMBA留学part2 他にやりたい仕事がある

今回は転職理由ランキングの1位にノミネートされた「他にやりたい仕事がある」がMBA留学によって実現できたことを紹介しました。次回は2位にランクインした「会社の将来性が不安」について、MBA留学が解決してくれたことを紹介します。
MBAあれこれ

20代の不満とMBA留学part1 転職理由ランキングからわかる事

ブラック勤務時代のプロサラは調査結果にあるように転職したい理由ランキングトップ10のうち9個が当てはまりました。そしてMBA留学することでその全てが解決したのです。もし20代で苦しんでいる人がいたらMBA留学することを強くオススメします。
MBA留学

外資系転職活動のスピード感

外資系企業は選考スピードが早いです。早いと2週間で選考が終わってしまうケースもあります。そのため、別企業を同時に受ける場合はこのスピードを考慮した上で選考を進めていく必要があります。
MBAあれこれ

Financial Times MBAランキング 2019が発表

Financial TimesのグローバルMBAランキングが発表されていますが、プロサラオススメのMBAはDurham Business SchoolとUniversity of Edinburgh Business Schoolです。ダラムは授業料とランクからすると破格のMBAといっていいでしょう。
MBA留学

ポストMBA転職活動

MBA採用をしている企業があれば受けてみるべきです。MBAホルダーの価値を理解している企業である事、高い報酬が望める事、戦略的なポジションに就けることが受けるべき理由です。外資系の事業会社や日系のメガベンチャーでMBA採用している企業が多いので一度調べてみてはいかがでしょうか?
MBA留学

MBA留学に向いている人・向いていない人

失敗を恐れずに前に突き進める人、積極的に誰とでもコミュニケーションがとれる人、セルフマネジメントができる人はMBA留学に向いています。ただし、向いているだけで留学できない訳ではありません。プロサラは二番目の積極性はやや欠ける部分がありました。上記のマインドでいられる方は留学してみてはどうでしょうか?
MBA留学

外資系転職 海外出張編Part5 ボストンへの展示会編

展示会では大小多様な企業が出展し、商談が行われていました。また、展示会は現地の担当者と打合せをする重要な機会です。日本からの情報を彼らにインプットするのと、グローバルの情報を聞き出すことはマストです。日本市場の売上を最大化させることがミッションなのでそのための活動を展示会では行ったのでした。