MBA留学

MBA留学

レア人材になる方法

希少人材になることで自分の人材市場での評価が高まります。誰でもなれるような人材であれば企業から安く買い叩かれるだけです。替えがすぐに見つかるので市場評価も低いです。企業が欲しがる、希少人材になりましょう。食いっぱぐれることがなくなります。
MBA留学

MBAを検討して迷ってるなら早く行くべき

もしMBA留学検討段階で迷われている方がいたら、さっさと留学準備を始めた方がいいです。やることがたくさんあるので。それでも留学したいという願望があるならば続きますし、ないなら断念します。時間を無駄にしないためにも、さっと行動に移した方がいいでしょう。
MBA留学

外資系企業への転職

プロサラははじめての外資系企業への転職でカルチャーショックをかなり受けました。ですが、人間関係がある程度できてくるとその仕組みが合理的にできていることに気づきます。
MBA留学

MBA珍相談

SPAという雑誌にMBA留学しようかという35歳男性の相談を元外交官で作家の佐藤優が答えるという何ともおかしな点が多い記事でしたが面白かったので。
MBA留学

転職に年齢は関係ない

31歳で初めての転職をして36歳で4回目の転職をしています。エージェントの方も過去にない人だと驚かれていました。ですが可能です。なぜなら人材市場環境は日々変わっています。企業の競争環境は変わってきているのです。この時勢を読む力があれば36歳で4回目の転職ができるのです。
MBA留学

MBA転職 LinkdInの活用法について

MBA後の転職活動ではLinkedInを外資系企業のHR担当者やエージェントと繋がって情報収集するため、スタートアップ企業やアーリーステージの外資系企業からの誘いを待つ、海外ネットワークを構築する、ために用いています。
MBA留学

国内MBAに行くなら海外通信制MBAへ

海外志向が少しでもあるならば海外MBAもしくは海外の大学が開いている通信MBAが良いでしょう。個人的には日本の社会、経済的なマクロ環境を考えるとグローバルビジネスは必須ですので海外MBAの方がいいです。ただしお金と時間がかかるので海外の大学が提供しているパートタイムの通信MBAを受講するのが一番おススメです。
MBA留学

MBA帰国前の転職活動術

帰国前の転職方法として色んなチャネルがあります。自分のMBA後のキャリアを考えた時に最もふさわしいチャネルを選ばれることをオススメします。プロサラの場合はキャリアフォーラム、直接応募、日本のエージェントが重要なチャネルでした。ただし、現地企業での就労や海外での勤務を狙う場合は別チャネルを当たったほうが良いです。
MBA留学

MBAクラスあるある

MBAコースでは様々な国籍の人たちが集まる中で色んな文化に触れることができました。それぞれのお国柄を理解した上で対応しなければいけないな、と学びが深まりました。自分の主観的な印象で相手を決めてしまってはいけません。相手の事を理解する努力が必要です。
MBA留学

ポストMBA外資系転職:米国本社勤務への壁

外資系メーカに勤めていた頃、プロサラは本社への出張はあるものの、米国本社で働くという機会には恵まれませんでした。実感として本社で働くのは相当な理由がないと難しいです。ポストMBA転職後に、米国本社で働きたい方、興味のある方に本社で働くために必要な事について説明します。