ポストMBA外資系勤務

MBA留学

外資系企業での出世

外資系企業でのキャリアについて説明してきました。以上はあくまでプロサラの実体験です。マネジメント層になると中途採用で外からやってくることがほとんどです。また、業界にはピラミッド構造が存在しており、基本的にはピラミッドの上から下へキャリアアップする形で転職してくるのです。
MBA留学

外資系企業への転職

プロサラははじめての外資系企業への転職でカルチャーショックをかなり受けました。ですが、人間関係がある程度できてくるとその仕組みが合理的にできていることに気づきます。
MBA留学

ポストMBA外資系転職:米国本社勤務への壁

外資系メーカに勤めていた頃、プロサラは本社への出張はあるものの、米国本社で働くという機会には恵まれませんでした。実感として本社で働くのは相当な理由がないと難しいです。ポストMBA転職後に、米国本社で働きたい方、興味のある方に本社で働くために必要な事について説明します。
MBA留学

MBA取得メリット 海外研修編

MBA取っててよかったと思うことの一つに、外資系メーカー勤務時代に研修に参加させてもらったことがあります。MBA保持者が集められた研修でしたのでプロサラにも行って来いとの命令を受け、インドに研修に行く機会がありました。
MBA留学

MBAと外資系企業でのキャリア

MBA取得後は外資系でのキャリアを歩む方が多いと思います。プロサラの周りでも日系メーカーに勤めてMBA取得後に外資系コンサルで働きはじめた人や外資系製薬メーカーで働いている人などいます。理由は単純でMBAホルダーを企業がほしがっているからです。なぜ外資系企業はMBAホルダーをほしがっているのか解説します。
MBA留学

MBAのキャリアー実際に役立つシーン

プロサラはMBA後、外資系メーカーにて勤務していましたがMBAでの学びが多いに役立ちました。また、外資系企業で働くと日本以外の地域の同僚とコンタクトする機会も増えます。その際に同僚もMBAホルダーであることも多く、会議で一緒になったときには学校の話しをすることもありました。
スポンサーリンク