MBA留学

MBA留学

MBA留学に対する誤解

TOP MBAばかりクローズアップされていますが、中堅MBAももっとクローズアップされるべきです。なぜならば、海外の外資系企業で働いているマネージャークラスの人はTOP MBAでなく中堅MBA出身者が多かったからです。一部、TOP MBA出身者がいましたが待遇やポジションに大きな違いはありませんでした。
MBA留学

海外への転職 – ポストMBA転職 –

プロサラの経験から海外での転職がいかに難しいか理解頂けたのではないでしょうか。場所や給与を選ばなければ簡単にできると思います。ですが、せっかく高いお金をかけてMBAを取得したのですから、金銭的リターンの高い転職先を選ぶべきです。
MBA留学

ビズリーチを使ってみよう

転職活動を有意義に行いたい方はビズリーチに登録することをオススメします。その際にはしっかりと職務経歴書を登録して自分をアピールしておくようにしましょう。無料・有料プラン、それぞれの使い方がありますので上手く活用することで思わぬ掘り出し物案件に出会うことができます。
MBA留学

レア人材になる方法

希少人材になることで自分の人材市場での評価が高まります。誰でもなれるような人材であれば企業から安く買い叩かれるだけです。替えがすぐに見つかるので市場評価も低いです。企業が欲しがる、希少人材になりましょう。食いっぱぐれることがなくなります。
MBA留学

MBAを検討して迷ってるなら早く行くべき

もしMBA留学検討段階で迷われている方がいたら、さっさと留学準備を始めた方がいいです。やることがたくさんあるので。それでも留学したいという願望があるならば続きますし、ないなら断念します。時間を無駄にしないためにも、さっと行動に移した方がいいでしょう。
MBA留学

外資系企業への転職

プロサラははじめての外資系企業への転職でカルチャーショックをかなり受けました。ですが、人間関係がある程度できてくるとその仕組みが合理的にできていることに気づきます。
MBA留学

MBA珍相談

SPAという雑誌にMBA留学しようかという35歳男性の相談を元外交官で作家の佐藤優が答えるという何ともおかしな点が多い記事でしたが面白かったので。
MBA留学

転職に年齢は関係ない

31歳で初めての転職をして36歳で4回目の転職をしています。エージェントの方も過去にない人だと驚かれていました。ですが可能です。なぜなら人材市場環境は日々変わっています。企業の競争環境は変わってきているのです。この時勢を読む力があれば36歳で4回目の転職ができるのです。
MBA留学

MBA転職 LinkdInの活用法について

MBA後の転職活動ではLinkedInを外資系企業のHR担当者やエージェントと繋がって情報収集するため、スタートアップ企業やアーリーステージの外資系企業からの誘いを待つ、海外ネットワークを構築する、ために用いています。
MBA留学

国内MBAに行くなら海外通信制MBAへ

海外志向が少しでもあるならば海外MBAもしくは海外の大学が開いている通信MBAが良いでしょう。個人的には日本の社会、経済的なマクロ環境を考えるとグローバルビジネスは必須ですので海外MBAの方がいいです。ただしお金と時間がかかるので海外の大学が提供しているパートタイムの通信MBAを受講するのが一番おススメです。