転職

転職

転職と年収

転職する際に年収の増減が気になるところですが、金額だけに惑わされることは禁物です。残業がどのくらいあるのかしっかり確認して自給換算で判断しましょう。時給が下がるようならオファーを考え直すのも一手です。できるだけ自給を上げて、仕事の実労働時間を減らし、家族との時間や趣味の時間を増やしましょう。人生の時間は有限です。
MBA留学

MBA転職 LinkdInの活用法について

MBA後の転職活動ではLinkedInを外資系企業のHR担当者やエージェントと繋がって情報収集するため、スタートアップ企業やアーリーステージの外資系企業からの誘いを待つ、海外ネットワークを構築する、ために用いています。
MBA留学

ポストMBA転職 次のキャリアへの結び付け方

ポストMBA転職活動の極意→目標を立てる→目標へ到達するために必要なスキル・経験を把握する→自分が持っているスキルと今の仕事で身に付くスキルを把握する→ギャップを把握し、埋めるための戦略を練る→目の前の仕事に集中し、準備を行う。この流れを意識しながら毎日を過ごすことで自分のなりたい姿を実現することができます。
MBA留学

ポストMBA転職術 年収交渉術

ポストMBA転職時の年収交渉は以下3点です。エージェントに任せる。良いエージェントと付き合うこと。良いエージェントと付き合うためには自分自身が誠実であること。上記を意識することで自分の納得のいく年収が実現できます。
MBA留学

ポストMBA外資系企業での面接術

外資系企業での面接術について紹介します。同業種・同業界の場合はスキル・経験の刷り合わせになるので何をやってきたのかを話しましょう。異業種・異業界の場合は熱意とキャッチアップするための具体的な努力を伝えましょう。両者に共通する対策として端的にかつ早口で話すようにしましょう。
MBA留学

ポストMBA外資系転職:米国本社勤務への壁

外資系メーカに勤めていた頃、プロサラは本社への出張はあるものの、米国本社で働くという機会には恵まれませんでした。実感として本社で働くのは相当な理由がないと難しいです。ポストMBA転職後に、米国本社で働きたい方、興味のある方に本社で働くために必要な事について説明します。
MBA留学

MBAと外資系企業でのキャリア

MBA取得後は外資系でのキャリアを歩む方が多いと思います。プロサラの周りでも日系メーカーに勤めてMBA取得後に外資系コンサルで働きはじめた人や外資系製薬メーカーで働いている人などいます。理由は単純でMBAホルダーを企業がほしがっているからです。なぜ外資系企業はMBAホルダーをほしがっているのか解説します。
MBA留学

MBAのキャリアー実際に役立つシーン

プロサラはMBA後、外資系メーカーにて勤務していましたがMBAでの学びが多いに役立ちました。また、外資系企業で働くと日本以外の地域の同僚とコンタクトする機会も増えます。その際に同僚もMBAホルダーであることも多く、会議で一緒になったときには学校の話しをすることもありました。
MBAあれこれ

MBAで広がったキャリア・価値観

MBA留学するだけで本当に人生観が変わります。これは実際に留学した人でないとわからないと思います。人生は有限です。プロサラは少しでも多様な価値観に触れたり知ったりすることで自分を高めることもでき、人生を豊かにしてくれると信じています。MBA留学とはキャリアだけではなく、人生における色んな発見できるのです。
スポンサーリンク