転職

MBA留学

外資系と日系企業:出世の仕方の違い

今回は外資系企業と日系企業での出世の仕方の違いについて書いてきました。外資系企業では実力主義である一方でポジション争いが過熱する可能性があります。国内企業の場合は、実績以外の部分も考慮される一方で評価が曖昧である可能性があります。
MBA留学

ポストMBA転職術 CVの書き方

外資系企業での英文レジュメ作成時の注意点を説明しました。外資系企業の場合、面接は日本だけでなく、アジアや本国の人と面接します。国が違う、物理的に遠い環境の人と面接をすることになります。これを見越して、レジュメはシンプルにかつ数字で説明するようにしましょう。数字はどこの世界でも共通言語ですので相手に伝わりやすいです。
MBA留学

ポストMBA転職 給与交渉は必須

今回はプロサラの経験から外資系企業では給与交渉は必ずすべし、です。海外では労働時間から働き方まで交渉で決めていきます。それくらい交渉することは海外企業の場合は当たり前です。言われたままじっと我慢して耐えていれば報われる日本企業とは異なります。自分の思うところは積極的に主張して常に会社と交渉すること姿勢を持ちましょう。
スポンサーリンク
MBA留学

ポストMBA転職 45歳以降の外資系企業の厳しさ

外資系企業は結果にシビアで終身雇用ではありません。40歳を超えると明確に次の会社でのキャリアを考え始めなければいけません。とはいってもうまく次の転職先を見つけることでポジションを上げることも可能です。外資系企業では人材の流動性が高く同じ業界で別企業を行き来するのです。
キャリア戦略

生き残るためには転職回数は関係ない

企業も従業員も生き残りをかける中、転職市場は活性化しています。人材の流動化が進みつつあり、転職回数も関係なくなりつつあります。今会社で働いていて先行きが不透明な人、不安な人、このままだとマズイと思っている人は転職されることをオススメします。自分のスキルや経験を欲しがっている企業はたくさんあります。
MBA留学

ポストMBA外資系転職 本社とローカルとの板挟み

外資系企業のローカル採用で働いている限り、必ずといっていいほど起こるのがこの板ばさみです。それはプロサラが実際に経験したマーケティングのポジションのみならず、サプライチェーン、人事、セールス、など別部署であっても同様です。
MBA留学

外資系企業とフレックス

外資系企業は働き方がフレキシブルです。だから外資系がいい、という訳ではありません。なぜか?成果を最大化するためにはフレキシブルの方がいいからです。子供の送り迎えをして、夜のあいた時間に仕事をする、などすれば生産性も上がります。早く日本企業もフレキシブルな働き方を浸透させてほしいものです。
外資系転職

成果主義の外資系企業 お茶くみ編

外資系企業の場合、上司のミッションはチームのアウトプットを最大化することです。今は大手の日系企業にいるプロサラですが、部下に対する考え方の違いに驚かされています。個人、ひいては組織のパフォーマンスを最大化する、という観点では完全に外資系企業に軍配が上がります。
MBA留学

ポストMBAの人気先業界は?

アメリカでは、テクノロジー企業でのMBAホルダーの採用が活発です。金融やコンサルティング業界とは異なり、より自由な風土があります。アメリカ企業は日本に進出を考えている、あるいは進出している企業が多いので、この動向は日本の動向にも影響を与えます。日本でもテック系企業の日本人MBAホルダーの採用が増えると考えます。
MBA留学

30代のうちに外資系に転職した方がいい理由

外資系企業へは20代の後半から30代前半までに転職されることをオススメします。そこでスキルと給与を上げて日系企業へ転職するのです。日系企業へは年収が下がってしまうかもしれませんが、外資系企業での高年収をベースにすれば高水準の給与になるはずです。40代近くにこのような転職が実現できれば安定した環境で働くことが可能です。
スポンサーリンク