転職

ブラック企業

こんな会社は勤めるなPart14 名ばかり管理職にさせられる会社

管理職の多い会社はブラック企業である可能性が高い事を説明しました。名ばかり管理職を大量生産して残業代を払わずに長時間労働させる。そして責任だけ押し付けるやり方です。こんな会社にもし勤めているとしたらすぐにでも転職した方がいいです。残業代減らすために無駄に管理職が多い会社はヤバイ企業=ブラック企業です。
ブラック企業

こんな会社は勤めるなPart13 有休がとれない会社

有休をまともに取れない会社には勤めない方がいいです。もしそんな会社に勤めているようなら今すぐにでも転職した方がいいです。有休は権利です。会社にどうこう言われる筋合いはないので積極的に取っていきましょう。
ブラック企業

こんな会社は勤めるなPart12 うつ病休職が多い会社

うつになって辞めていく社員が多い会社はすぐにでも辞めた方がいいです。さらに上層部が責任を取らなかったり、環境改善がなされなかったりする企業は問題を放置しているブラック企業です。
スポンサーリンク
ブラック企業

こんな会社は勤めるなPart11 パワハラが横行している会社

パワハラ・暴言が横行する企業は経営体として非常に危ういということがわかります。従業員として働いているならばそんな組織とはさっさとお別れして、新しい伸び盛りの業界で営業をした方がいいです(営業職としてやっていくなら)。
ブラック企業

こんな会社は勤めるなPart10 旅行積立金を強制的に徴収する会社

社員旅行を強制的に参加させられる、旅費が給与天引きで積立てられる、旅行は有休を消化する、旅行先で仕事の話しをする、などに当てはまる企業はブラック企業の可能性が高いです。もしそんな会社に在籍しているなら、早く辞めた方がいいです。
ブラック企業

こんな会社は勤めるなPart9 休日出勤が当たり前の会社

土曜日や日曜日に出勤する、あるいは家で仕事をする事を半強制的にさせる会社はブラック企業でしょう。本来、従業員、社員が定められた労働時間内で最大のパフォーマンスを発揮するようにするのが管理職、ひいては経営者の仕事です。これを無視して休日に仕事をさせるような会社に籍を置いているなら転職した方がいいでしょう。
転職

当たり前と思っている事の危うさ

当たり前と思っていることの危うさについて、外資系企業から日系企業に転職すると非合理的な点にたくさん気づきます。小さな事ですが改善することで生産性が大幅にアップするのに誰も気づかないのです。当たり前となっているから。転職する事のメリットの一つはこうした皆が当たり前に思っていることに「待った」をかけられる点です。
MBA留学

外資系転職活動のスピード感

外資系企業は選考スピードが早いです。早いと2週間で選考が終わってしまうケースもあります。そのため、別企業を同時に受ける場合はこのスピードを考慮した上で選考を進めていく必要があります。
外資系転職

外資系と日系企業の利益率の違いはどこから来る?

外資系企業と日系企業の営業利益率の違いを実体験から推測してみました。人の使い方、スキルの専門性、意思決定の遅さが経営効率を悪くし、その結果として利益率が低くなるのではないでしょうか?これはあくまで仮説ですが明らかに日系企業は外資系企業に比べて非効率的な経営をしています。
MBA留学

ポストMBA転職活動

MBA採用をしている企業があれば受けてみるべきです。MBAホルダーの価値を理解している企業である事、高い報酬が望める事、戦略的なポジションに就けることが受けるべき理由です。外資系の事業会社や日系のメガベンチャーでMBA採用している企業が多いので一度調べてみてはいかがでしょうか?
スポンサーリンク