転職

転職

転職のススメ

転職すれば別に会社が危なくなろうがどうなろうが生きていくことができます。会社に浸かっていると、会社の中の視点になり、外が見えなくなってしまいます。手遅れにならないうちに、転職するまでとはいかないものの、一度転職活動をされてみることをおススメします。会社の中での視点ではなく、客観的な自分の評価がわかりますよ。
MBA留学

外資系企業への転職

プロサラははじめての外資系企業への転職でカルチャーショックをかなり受けました。ですが、人間関係がある程度できてくるとその仕組みが合理的にできていることに気づきます。
転職

転職面接活用法

プロサラは転職での面接を情報収集の場として活用していました。企業の生の情報をその企業で実際に働いている人から聞ける貴重な機会です。この貴重な機会を活かして色々な企業の面接を受けてみることをオススメします。面接の練習にもなりますので一石二鳥です。
転職

サラリーマンのススメ

サラリーマンでいる方がフリーランスや起業するよりも安定しています。また、個人では利用できないリソースにアクセスすることも可能です。簡単にいうとサラリーマンは楽なのです。給与は安定しているし、20代、30代だと毎年昇給もします。また、部署やポジションがあるので自分で決めなくていいのです。
転職

良い転職エージェント・悪い転職エージェント

転職エージェントも人です。どこに所属しようが結果を出している人は信頼できる何かをもっています。会社や組織で判断するのではなく、人で判断するようにしましょう。外資系のエージェントでも信頼できる人はたくさんいます。外資系だから、とか大手でないから、とかで判断すると間違ってしまう可能性がありますのでご注意を。
転職

35歳でもキャリアチェンジできる方法教えます

プロサラが35歳で、5回目の転職、キャリアチェンジできた理由について教えます。語れる転職ストーリー、スキルの代替可能性、転職エージェントからの情報収集体制の構築、を行う事で上記転職が実現できます。
MBA留学

転職に年齢は関係ない

31歳で初めての転職をして36歳で4回目の転職をしています。エージェントの方も過去にない人だと驚かれていました。ですが可能です。なぜなら人材市場環境は日々変わっています。企業の競争環境は変わってきているのです。この時勢を読む力があれば36歳で4回目の転職ができるのです。
転職

転職と年収

転職する際に年収の増減が気になるところですが、金額だけに惑わされることは禁物です。残業がどのくらいあるのかしっかり確認して自給換算で判断しましょう。時給が下がるようならオファーを考え直すのも一手です。できるだけ自給を上げて、仕事の実労働時間を減らし、家族との時間や趣味の時間を増やしましょう。人生の時間は有限です。
MBA留学

MBA転職 LinkdInの活用法について

MBA後の転職活動ではLinkedInを外資系企業のHR担当者やエージェントと繋がって情報収集するため、スタートアップ企業やアーリーステージの外資系企業からの誘いを待つ、海外ネットワークを構築する、ために用いています。
転職

ポストMBA転職 次のキャリアへの結び付け方

ポストMBA転職活動の極意→目標を立てる→目標へ到達するために必要なスキル・経験を把握する→自分が持っているスキルと今の仕事で身に付くスキルを把握する→ギャップを把握し、埋めるための戦略を練る→目の前の仕事に集中し、準備を行う。この流れを意識しながら毎日を過ごすことで自分のなりたい姿を実現することができます。