転職術

MBA留学

ポストMBA転職術 CVの書き方

外資系企業での英文レジュメ作成時の注意点を説明しました。外資系企業の場合、面接は日本だけでなく、アジアや本国の人と面接します。国が違う、物理的に遠い環境の人と面接をすることになります。これを見越して、レジュメはシンプルにかつ数字で説明するようにしましょう。数字はどこの世界でも共通言語ですので相手に伝わりやすいです。
MBA留学

ビズリーチを使ってみよう

転職活動を有意義に行いたい方はビズリーチに登録することをオススメします。その際にはしっかりと職務経歴書を登録して自分をアピールしておくようにしましょう。無料・有料プラン、それぞれの使い方がありますので上手く活用することで思わぬ掘り出し物案件に出会うことができます。
転職

転職面接活用法

プロサラは転職での面接を情報収集の場として活用していました。企業の生の情報をその企業で実際に働いている人から聞ける貴重な機会です。この貴重な機会を活かして色々な企業の面接を受けてみることをオススメします。面接の練習にもなりますので一石二鳥です。
転職

良い転職エージェント・悪い転職エージェント

転職エージェントも人です。どこに所属しようが結果を出している人は信頼できる何かをもっています。会社や組織で判断するのではなく、人で判断するようにしましょう。外資系のエージェントでも信頼できる人はたくさんいます。外資系だから、とか大手でないから、とかで判断すると間違ってしまう可能性がありますのでご注意を。
MBA留学

MBA転職 LinkdInの活用法について

MBA後の転職活動ではLinkedInを外資系企業のHR担当者やエージェントと繋がって情報収集するため、スタートアップ企業やアーリーステージの外資系企業からの誘いを待つ、海外ネットワークを構築する、ために用いています。
MBA留学

ポストMBA転職術 年収交渉術

ポストMBA転職時の年収交渉は以下3点です。エージェントに任せる。良いエージェントと付き合うこと。良いエージェントと付き合うためには自分自身が誠実であること。上記を意識することで自分の納得のいく年収が実現できます。
MBA留学

ポストMBA外資系企業での面接術

外資系企業での面接術について紹介します。同業種・同業界の場合はスキル・経験の刷り合わせになるので何をやってきたのかを話しましょう。異業種・異業界の場合は熱意とキャッチアップするための具体的な努力を伝えましょう。両者に共通する対策として端的にかつ早口で話すようにしましょう。
スポンサーリンク