転職あれこれ

転職

ライフスタイルと仕事

それぞれの職種を経験してきたことから言うと、それぞれ一長一短あります。自分の性格やライフスタイルに合わせてどんな職種が合っているのか、転職時にはよく検討した方がいいでしょう。転職に関する記事は以下も参考になるので読んでみて下さい。
子育て術

結婚・出産と仕事

結婚・出産は人生の中でも大きなイベントです。これまでの生活の仕方を変える必要があります。これまでの経験では営業職やマーケティング職のように現場へ行く必要のある仕事は子育てへの参加が物理的に厳しいでしょう。それに比べて本社スタッフ職であれば融通の効く職種なのではないかと思います。
転職

当たり前と思っている事の危うさ

当たり前と思っていることの危うさについて、外資系企業から日系企業に転職すると非合理的な点にたくさん気づきます。小さな事ですが改善することで生産性が大幅にアップするのに誰も気づかないのです。当たり前となっているから。転職する事のメリットの一つはこうした皆が当たり前に思っていることに「待った」をかけられる点です。
スポンサーリンク
転職

上司のスペックはキャリア構築、プライベートの人生でも大事

同年齢、女性、外国人、10歳以上の年齢差、とこれまで様々な上司の下で働いてきました。それぞれがそれぞれの価値観を持っていました。1社目以外はスペック高く、経験豊富な人たちの下で働いてきたため、プロサラ自身も色んな見方を勉強させてもらいました。
転職

入社5年目まででやってはいけない3つの事

プロサラの反省も込めて入社して5年目くらいまでにやってはいけないことについて書きました。すなわち、何も考えずに仕事をひたすらやる事、社内の人とずっと一緒にいる事、飲み会に行く事です。特に今は当時と違ってSNSやスマホが発達しています。
転職

責任を取らない組織にありがちな事

日本企業にありがちな問題点として、責任が定義されておらず、責任者が曖昧、という2点が挙げられます。そのためプロジェクトの進むべき方向性がはっきりしないのです。リーダーシップがこの問題を解決するために必要です。マネジメント層が責任を明確にしてリーダーシップを発揮すればこのような問題は解決されるのです。
転職

転職に失敗したと思ったら Part2

転職に失敗したらその失敗は経験になります。なんで失敗したのかを振り返ると自分の仕事観、人生観が明確になります。プロサラは稼ぎたい転職、安定を求める転職、ポジションを求める転職、など自分の年齢やライフステージに合わせて転職してきました。
転職

雇用の流動性を高める事ができるのか?

雇用の流動化にはまだまだ時間がかかりそうですが社会の変化に対応するためには雇用流動性を高めて人が簡単に移動できる仕組みがあった方が合理的です。企業は不必要な人材に不要なコストを払う必要がなくなります。一方で人材不足の業界に人が流れることになれば、人手不足でブラック化している企業環境が改善する可能性も出てくるのです。
転職

転職に失敗したら??

失敗したと思ったらすぐに転職すべきです。プロサラはこれまでのスキルが活かせないこと、毎日がつらいので我慢することも嫌でしたのですぐに辞める決断をしました。新しい事にチャレンジすると失敗することもあります。失敗したらすぐに切り替えて行動すると傷は最小で済みます。また、実体験として記憶に残るので次に同じ失敗はしません。
転職

転職のススメ

転職すれば別に会社が危なくなろうがどうなろうが生きていくことができます。会社に浸かっていると、会社の中の視点になり、外が見えなくなってしまいます。手遅れにならないうちに、転職するまでとはいかないものの、一度転職活動をされてみることをおススメします。会社の中での視点ではなく、客観的な自分の評価がわかりますよ。
スポンサーリンク