キャリア戦略

キャリア戦略

楽するためのキャリアプラン

社会人10年目くらいまではプロサラ自身の経験と反省を踏まえた上でのプランです。10年目以降はこれから考えている事です。子供ができた今はこれまでのスキルや経験の貯金をベースに仕事ももちろんしますが子育てにも時間を使っていきたい。
キャリア戦略

キャリアップのための業界研究をしよう

業界を変えた転職を行いたい場合、PESTフレームワークを使って外部環境を調べてみましょう。それが企業にとって機会なのか、脅威なのかがわかります。そして各社のIR情報からこれら環境変化に対してどのような施策を打っているのか調べてみることで比較検討することができます。
キャリア戦略

4回転職してみてわかったこと

ざっとプロサラが経験してきた5社について外資/国内、大規模/小規模の軸に沿って説明しました。それぞれ特徴がありメリット・デメリットがあるのがわかりました。自分の価値観にあわせて、企業を選択してみてはどうでしょうか?自身の年齢や、状況に合わせて働く企業を自ら選択できるのがベストだと考えます。
キャリア戦略

生き残るためには転職回数は関係ない

企業も従業員も生き残りをかける中、転職市場は活性化しています。人材の流動化が進みつつあり、転職回数も関係なくなりつつあります。今会社で働いていて先行きが不透明な人、不安な人、このままだとマズイと思っている人は転職されることをオススメします。自分のスキルや経験を欲しがっている企業はたくさんあります。
キャリア戦略

大企業の方が圧倒的にオトク

もし大企業か中小企業に就職、あるいは転職するか迷われている人がいたら大企業へ行くことをオススメします。大企業にはこれまでの競争を勝ち抜いてきた歴史があり、資産があります。中小企業は競争の最中の会社がほとんどでしょう。
キャリア戦略

若いうちから独立することのリスク

若いうちからすぐにフリーになる選択肢はオススメできません。勝算があるのなら別ですが、とりあえずフリーになりたい、ということであればサラリーマンやりながら副業やった方がいいです。フリーでいることを勧める人もいますが、自分の状況をよく客観的に判断してから決断することをオススメします。
キャリア戦略

転職マーケットにマッチした人材になるための工夫

転職エージェントが発表するレポートなどを定期的にチェックすること、新聞などからトレンドを把握すること、転職エージェントの担当者と会って情報収集すること、の3点が重要です。プロサラはそれを20代の後半から意識することによって、今では希少人材になることができました。
MBA留学

レア人材になる方法

希少人材になることで自分の人材市場での評価が高まります。誰でもなれるような人材であれば企業から安く買い叩かれるだけです。替えがすぐに見つかるので市場評価も低いです。企業が欲しがる、希少人材になりましょう。食いっぱぐれることがなくなります。
キャリア戦略

シニア転職の環境整備に見る雇用流動性とキャリア

政府は現在の硬直化した雇用流動性を柔軟にしようとしています。特に高年齢層での流動性を高めようとしています。将来は会社にとって荷物になる人材は簡単に外に出される事になるでしょう。常に外の変化を捉えて今やっている仕事で得られるスキルと経験にその変化がマッチしているか頭に入れておく必要があります。
MBA留学

ポストMBA転職 次のキャリアへの結び付け方

ポストMBA転職活動の極意→目標を立てる→目標へ到達するために必要なスキル・経験を把握する→自分が持っているスキルと今の仕事で身に付くスキルを把握する→ギャップを把握し、埋めるための戦略を練る→目の前の仕事に集中し、準備を行う。この流れを意識しながら毎日を過ごすことで自分のなりたい姿を実現することができます。
スポンサーリンク