キャリア戦略

キャリア戦略

営業職は辞めた方がいいpart5 誰でもできる代替性の高い仕事

営業職でいつづけると環境変化により職を失うリスクが大きくなります。そうならないためにも営業以外のスキルを推奨します。営業職は代替性の高い職なのでずっと営業職であることはオススメしません。
キャリア戦略

営業職は辞めた方がいいpart4 転勤させられる

営業職を辞めた方がいいことの一つとして転勤を挙げました。営業職の場合は辞令が出れば嫌でも転勤しなければなりません。また、転勤者だけではなく、家族もその影響を受けてしまいます。いくら営業職の給与が高くても転勤に伴う苦労をコストとして見たら割に合っていないかもしれません。
キャリア戦略

営業職は辞めた方がいいpart3 ビジネス下流部のため全体像が見えない

ビジネス全体が見えないのでやりがいが見えにくいのです。一方で企画やビジネス戦略などの上流の場合、世の中に対するインパクトを感じることができます。営業職でやりがいを感じれない人はより上流の職種にチャレンジしてみてはどうでしょうか?
スポンサーリンク
キャリア戦略

営業職は辞めた方がいいpart2 ひたすら製品を売り続けなければならない

営業職をオススメしないのは顧客からのフィードバックは得れますが、それを製品開発や企画につなげることはできないからです。ただひたすら聞くしかできないのです。営業職をしててこの点に不満がある人は転職する、キャリアチェンジするなりして企画や開発系の職種へ行かれることをオススメします。
キャリア戦略

営業職は辞めた方がいいpart1 顧客に自分の時間をコントロールされる

営業職を辞めた方がいい理由の一つとして自分の時間が顧客にコントロールされてしまう点です。顧客都合で自分のプライベートの予定が潰れたり、夜遅く・朝早くに顧客に会ったりする必要があるからです。営業職から業種を買えて転職をしたいと思われている方は以下の記事が参考になります。
キャリア戦略

ハイスキル人材の需要が逼迫 2019年採用動向

今回はロバートウォルターズの調査結果を受け、2019年の採用トレンドについて説明しました。年初から株価下落など景気の先行きが不透明感を増していますので転職するなら今がチャンスかと思われます。一旦不景気になってしまうと企業は採用をフリーズさせるので採用予算が使える今がチャンスではないかと個人的には思います。
キャリア戦略

転職・キャリア 30歳になったら考えた方がいい事

30歳を境に人それぞれの人生が変わっていくでしょう。独身の人、結婚した人、子供が出来た人、それぞれが楽しく30代を過ごせるようにプライベートとキャリアの双方を充実させていけたらいいですね。
キャリア戦略

M&Aのトレンドからわかる転職業界動向

M&Aのトレンドから今後、必要とされる人材について予想してみました。非製造業の海外展開が活発化している中、現地法人をマネジメントする人材、M&A後のグローバル戦略を実行するダウンストリームマーケティング、海外営業人材、などが求められるのではないでしょうか?
キャリア戦略

楽するためのキャリアプラン

社会人10年目くらいまではプロサラ自身の経験と反省を踏まえた上でのプランです。10年目以降はこれから考えている事です。子供ができた今はこれまでのスキルや経験の貯金をベースに仕事ももちろんしますが子育てにも時間を使っていきたい。
キャリア戦略

キャリアップのための業界研究をしよう

業界を変えた転職を行いたい場合、PESTフレームワークを使って外部環境を調べてみましょう。それが企業にとって機会なのか、脅威なのかがわかります。そして各社のIR情報からこれら環境変化に対してどのような施策を打っているのか調べてみることで比較検討することができます。
スポンサーリンク