転職

転職

若いうちから独立することのリスク

若いうちからすぐにフリーになる選択肢はオススメできません。勝算があるのなら別ですが、とりあえずフリーになりたい、ということであればサラリーマンやりながら副業やった方がいいです。フリーでいることを勧める人もいますが、自分の状況をよく客観的に判断してから決断することをオススメします。
転職

外資系企業とプレッシャー

外資系企業では会社とのコミットメントが非常に重要です。コミットした数字、目標には非常にシビアな目で見られます。日系企業のように毎日決まった時間に出社しても数字が達成できていなければ袋叩きにされます。
ブラック企業

スルガ銀行不正融資問題はどこにでも起こりうる

スルガ銀行の不正問題が社会の目に明るみに出ています。今回はこのような問題は同じような環境にある会社には何処にでも起こりえます。環境とは、マーケットが減少している、参入障壁が低い、競争が激しい、新規事業が育っていない、リストラできていない、を指します。このような会社に勤めている営業マンはすぐにでも転職した方がいいです。
転職

転職に失敗したら??

失敗したと思ったらすぐに転職すべきです。プロサラはこれまでのスキルが活かせないこと、毎日がつらいので我慢することも嫌でしたのですぐに辞める決断をしました。新しい事にチャレンジすると失敗することもあります。失敗したらすぐに切り替えて行動すると傷は最小で済みます。また、実体験として記憶に残るので次に同じ失敗はしません。
転職

転職マーケットにマッチした人材になるための工夫

転職エージェントが発表するレポートなどを定期的にチェックすること、新聞などからトレンドを把握すること、転職エージェントの担当者と会って情報収集すること、の3点が重要です。プロサラはそれを20代の後半から意識することによって、今では希少人材になることができました。
MBA留学

海外への転職 – ポストMBA転職 –

プロサラの経験から海外での転職がいかに難しいか理解頂けたのではないでしょうか。場所や給与を選ばなければ簡単にできると思います。ですが、せっかく高いお金をかけてMBAを取得したのですから、金銭的リターンの高い転職先を選ぶべきです。
MBA留学

ビズリーチを使ってみよう

転職活動を有意義に行いたい方はビズリーチに登録することをオススメします。その際にはしっかりと職務経歴書を登録して自分をアピールしておくようにしましょう。無料・有料プラン、それぞれの使い方がありますので上手く活用することで思わぬ掘り出し物案件に出会うことができます。
MBA留学

レア人材になる方法

希少人材になることで自分の人材市場での評価が高まります。誰でもなれるような人材であれば企業から安く買い叩かれるだけです。替えがすぐに見つかるので市場評価も低いです。企業が欲しがる、希少人材になりましょう。食いっぱぐれることがなくなります。
転職

外資系企業での出世

外資系企業でのキャリアについて説明してきました。以上はあくまでプロサラの実体験です。マネジメント層になると中途採用で外からやってくることがほとんどです。また、業界にはピラミッド構造が存在しており、基本的にはピラミッドの上から下へキャリアアップする形で転職してくるのです。
転職

シニア転職の環境整備に見る雇用流動性とキャリア

政府は現在の硬直化した雇用流動性を柔軟にしようとしています。特に高年齢層での流動性を高めようとしています。将来は会社にとって荷物になる人材は簡単に外に出される事になるでしょう。常に外の変化を捉えて今やっている仕事で得られるスキルと経験にその変化がマッチしているか頭に入れておく必要があります。