転職

転職

雇用の流動性を高める事ができるのか?

雇用の流動化にはまだまだ時間がかかりそうですが社会の変化に対応するためには雇用流動性を高めて人が簡単に移動できる仕組みがあった方が合理的です。企業は不必要な人材に不要なコストを払う必要がなくなります。一方で人材不足の業界に人が流れることになれば、人手不足でブラック化している企業環境が改善する可能性も出てくるのです。
キャリア戦略

楽するためのキャリアプラン

社会人10年目くらいまではプロサラ自身の経験と反省を踏まえた上でのプランです。10年目以降はこれから考えている事です。子供ができた今はこれまでのスキルや経験の貯金をベースに仕事ももちろんしますが子育てにも時間を使っていきたい。
MBA留学

ポストMBA転職 スピードの外資系企業

外資系企業は日系企業と違って責任が明確です。そのため、余計な人が会議に参加することはありません。各人がそれぞれの分担された仕事を進めていればいいのです。また、正確性も求められません。それよりも単位時間当たりのアウトプット量が重視されます。正確で仕事の遅い人よりも、少し適当だけどすごく仕事の速い人の方が評価されます。
スポンサーリンク
ブラック企業

こんなブラック企業には勤めるなPart8 辞めさせてくれない会社

従業員が辞めたいと言っているのにまともに取り合ってくれなかったりする会社はブラック企業です。会社の言い分などは聞かずにすぐに辞めた方が時間の無駄になりません。だらだらと続けていてもモチベーションが続かないし、しんどいだけです。
ブラック企業

こんな会社は勤めるなPart7 ヤバい外部研修に行かされる会社

自己啓発系のセミナーを取り入れている会社はブラック企業です。任意ならまだしも半ば強制的に参加させるのです。そして同一の価値観に仕立て上げるのです。まさに洗脳です。このような会社が心地いいという人はどっぷり浸かって下さい。しかしながら少しでも気持ち悪さを感じるならば即座に転職すべきです。
ブラック企業

こんな会社は勤めるなPart6 プライベートや個人の価値観に干渉する企業

プライベートや個人の価値観にまで介入してくる会社は明らかにブラック企業です。組織内の価値観を強制的に押し付けてくる、会社の価値観に反対する、反抗するといじめや見せしめを行う会社は危険です。また、会社内の価値観に染まっている人はもはや洗脳されていると言っていいでしょう。
ブラック企業

こんな会社に勤めるなPart5 反省文を書かされる企業

有休を取ったら反省文を書かされたり、残業を断ったら反省文。そんな会社は辞めた方がいいでしょう。ちなみにですが、そんな会社でも喜んで働いている人がいるのも事実です。なぜか?洗脳されているからです。
ブラック企業

こんな会社は勤めるなPart4 労働時間の長い会社

残業を奨励している会社は完全にブラック企業です。労働時間を単純に長くしただけで収益が大幅に上がるなら、とっくに収益向上しているはずです。トップマネジメントが次なるビジョン、戦略を明確にして、新しい事業、収益の柱を作っていくことが求められています。それは経営者の責任であり従業員にムチ打って働かせるのは筋違いでしょう。
ブラック企業

こんな会社は勤めるなPart3 社訓の暗記

従業員に一体感を持たせるためには経営理念や会社の考え方、価値観を従業員に浸透させるのは間違ってはいないと思います。ですが、暗唱することが目的になっていては本末転倒です。会社は仕事をする場所なので、仕事で成果を出す、結果を残すことと暗記に因果関係があるとは思えません。暗唱を強制的にやらせようとする会社はブラック企業です。
ブラック企業

こんな会社は勤めるなPart2! 社員研修編

個人の能力アップ、スキルアップのためのテクニカルな研修であるならわかります。しかしながら、集団心理を働かせて一体感を出させ、最終的には会社の価値観を浸透させていくような研修を行っている会社は勤めるべきではないでしょう。洗脳されてしまいます。
スポンサーリンク