英語学習

英語学習

英語学習に「忙しい」は言い訳にしかならない

わかったことは「耳」が結構空いていることです。リスニングの時間はこれで十分確保することができます。その次に「目」、「手」、「口」の順でした。リーディング、ライティング、スピーキングにも時間を割くことができます。
英語学習

英語をガチで学ぶって

最近、専属トレーナー付きの「結果にコミットする」系のサービスが流行っています。英語学習も専属トレーナーがついてモチベートしてくれるタイプも出てくるようになりました。メリットはモチベーションを継続できること、デメリットはお金がかかる、です。
MBA留学

海外メディア活用術

海外メディアについて、プロサラはBBCとアルジャジーラを中心にアクセスするようにしています。なぜならアメリカの報道は日本の報道にかなり影響を与えているからです。アジア、アフリカ、中近東のリアルな情報を得ようと思ったらこれらで大丈夫です。ブルームバーグは深く知りたい場合に使います。
MBA留学

MBA留学決意からの流れと劇的向上した英語-IELTS・TOEICスコア推移-

留学を決意してから実際に留学を実現するまで、時間軸に沿って振り返ってみます。2011年5月に本格的に留学を決意して、2012年6月に渡英していますので準備期間は約1年。TOEICスコア400点未満からのスタートでしたのでギリギリといえばギリギリでした。振り返ると準備期間は2年くらいあった方が無難でした。
英語学習

IELTS公式問題集を使った勉強法 ―安く効率的にIELTS対策―

プロサラはIELTSの過去問とCDを入手しました。リスニングは絶大な効果ありです。リーディングはそこそこでした。ライティングとスピーキングは、教材をライティング講座やオンライン英会話に利用しました。それ自体では効果ありません。リスニングでは試験の雰囲気も味わうことができるので買っておいて損はないと思います。
英語学習

DUO3.0を使って劇的に語彙力向上した勉強方法

英単語を効率的に学習するにはDUOが一番手っ取り早いです。結果としてIELTS6.0を取るための基礎力が身につきました。何をするにも英単語は重要です。最低でも半年は続けることでDUOの全単語が身につくようになります。語彙力向上はDUO3.0だけで十分です。これがコストパフォーマンス最強の単語力アップ術です。
英語学習

オンライン英会話レアジョブで劇的にスピーキング力が上がる勉強法

2011年の5月頃に留学しようと思い立ちましたが、TOEICの点数は400点。。MBA留学するための英語力を身につけるのは相当の覚悟が必要でした。少なくともTOEIC換算で800点、IELTSで6.0以上は最低必要。レアジョブというオンライン英会話サイトでこれをクリアしました。その勉強法について解説します。
英語学習

ライティング・スピーキングの効果的な英語勉強法

スピーキングやライティングで重要なのはクリティカルなフィードバックです。英語学校の講座はコスト高いのが難点なので、スピーキングならオンライン英会話が有用です。ライティングならばGrammarlyが有効です。これらでコスパ良く、アウトプット力向上が可能です。
英語学習

リーディング、リスニングの効果的な英語勉強法

今回はIELTS6.0を取得するまでにプロサラが行ってきた勉強法を解説します。リーディングとリスニングのトレーニングを0円でできる方法について解説します。これらはスキマ時間に読んだり聴いたりすることで英語力がアップしていきます。
MBA留学

MBA留学のための英語力ってどのくらい?

MBA留学を決意したのはいいけど、どのくらいの英語力が必要なのか?MBA留学するための試験はあるのか、など疑問は山積みでした。今回は私費でMBA留学するための英語力について解説します。同時に私費留学を検討される方にはプロサラのように「コスパのよい留学ってどうやったらできる?」と思っている方も少なくないかもしれません。