投資術

投資術

M&Aの注意ポイント

M&A戦略立案の段階で計画をまとめておくこと。例えば○○課長が統合後に現地駐在するので大丈夫です!といったノリで決めている企業は多いが失敗に終わるケースが多い。統合計画書(Day100)をまとめておく。
投資術

通勤を快適にするpart3 カードホルダー付スマホケース+オートチャージ機能付定期券

スマホケースとオートチャージ機能が付いた定期券を持っていれば定期入れと財布を持たなくても大丈夫です。通勤時はスマホ+定期券を一緒にしまえるスマホケースがあればこれをポケットに入れるだけでいいのです。
投資術

東南アジアのマーケットを知る

東南アジアの各国の経済状況を簡単に俯瞰しました。まとめると投資するなら人口ボーナス期にあるマレーシア、インドネシア、ミャンマー、ベトナムが狙い目であると言えます。
投資術

東南アジアでのビジネスチャンス

東南アジアといっても国それぞれの状況は別々です。中国・インドに次ぐ成長ポテンシャルを持つ国々です。日本企業も多く投資をしているこれらの国に個人マネーを投資してみてはどうでしょうか?
投資術

東南アジア諸国の最近の傾向 Part2 フィリピン、マレーシア

フィリピン、マレーシアの状況をまとめてみました。それぞれの国で得意とすること、課題は異なっているのがわかります。マレーシアは既に先進国化しています。フィリピンは投資が盛んに進んでいます。
投資術

東南アジア諸国の最近の傾向 Part4 インドネシア、タイ

次世代技術の外資誘致が盛んです。ただし、先端技術があっても修理やメンテは人の手で行われるため人材育成の必要性があります。日系企業の取組みとして高付加価値品の生産を行い生産サービスの高度化を視野に入れています。
投資術

東南アジア諸国の最近の傾向 Part3 ベトナム、インド

インドから西(アフリカ)、北(ロシア)、東(ASEAN)へ輸出のハブになっていきたいインドの思惑があります。インドから日本へ進出しているエンジニアリング企業とタイアップし、インドヘの足がかりを作っていようとしている企業もあります。
投資術

東南アジアM&Aの状況

東南アジアへの投資は日系企業で盛んに行われています。しかしながら中国や香港も投資を活発化させているため、今後は現地企業の買収競争が過熱することが考えられます。また、M&Aの成功率は高いとはいえず、投資をしても失敗に終わってしまうケースも多いのが現状でしょう。
投資術

東南アジアのマーケットを知る

東南アジアの各国の経済状況を簡単に俯瞰しました。まとめると投資するなら人口ボーナス期にあるマレーシア、インドネシア、ミャンマー、ベトナムが狙い目であると言えます。
投資術

営業職は辞めた方がいいpart6 本部のいいなりになりかねない

大企業の営業職の場合、営業本部が絶対的な権力を持っています。本部で決められた数字が支店に下りてきます。支店長は本部に対して反抗はできずに黙って数字を達成するしかないのです。なぜなら反抗すると出世できなくなるから。そうして課長や課員に支店長からプレッシャーがかかります。