ブラック企業

ブラック企業

ホワイト企業の条件part1 住宅手当てがある

ホワイト企業の大きな福利厚生の一つとして家賃の補助、住宅手当てが支給されることです。会社によっては金額も異なってきますのでしっかり確認しておいた方がいいでしょう。住宅は家計費の中でも最も大きな固定費です。ここを会社が負担してくれるとなると非常に大きいです。
ブラック企業

こんな会社に勤めるなPart17 従業員を退職へ追い込む会社

従業員を退職に追い込む企業はブラック企業です。プロサラの実際の経験では先輩が上司から厳しい叱責を受けてメンタルに支障をきたし、最終的には「自主的に」退職していました。このように会社にとって必要でなくなった社員、成果を出さない社員は切り捨てるのです。
ブラック企業

こんな会社に勤めるなPart16 仕事のための書籍費を自腹購入させる企業

会社が書籍をケチって購入してくれないような会社、さらには自腹で買わせるような会社はヤバイです。このような会社で働いている人は辞めた方がいいです。
ブラック企業

こんな会社は勤めるなPart15 親睦会費を強制的に給与天引きしている会社

親睦会費を強制的に給与から天引きする事はマズイです。もしこのような会社に勤めている人はすぐに辞めて転職した方がいいでしょう。強制的に会に入れられ、さらに強制的に親睦会に参加させられる。いくら会社の従業員の絆を深めるのが趣旨だとしても強制的に参加させることはよくありません。このような会社ブラック企業の可能性が高いです。
ブラック企業

こんな会社は勤めるなPart14 名ばかり管理職にさせられる会社

管理職の多い会社はブラック企業である可能性が高い事を説明しました。名ばかり管理職を大量生産して残業代を払わずに長時間労働させる。そして責任だけ押し付けるやり方です。こんな会社にもし勤めているとしたらすぐにでも転職した方がいいです。残業代減らすために無駄に管理職が多い会社はヤバイ企業=ブラック企業です。
ブラック企業

こんな会社は勤めるなPart13 有休がとれない会社

有休をまともに取れない会社には勤めない方がいいです。もしそんな会社に勤めているようなら今すぐにでも転職した方がいいです。有休は権利です。会社にどうこう言われる筋合いはないので積極的に取っていきましょう。
ブラック企業

こんな会社は勤めるなPart12 うつ病休職が多い会社

うつになって辞めていく社員が多い会社はすぐにでも辞めた方がいいです。さらに上層部が責任を取らなかったり、環境改善がなされなかったりする企業は問題を放置しているブラック企業です。
ブラック企業

こんな会社は勤めるなPart11 パワハラが横行している会社

パワハラ・暴言が横行する企業は経営体として非常に危ういということがわかります。従業員として働いているならばそんな組織とはさっさとお別れして、新しい伸び盛りの業界で営業をした方がいいです(営業職としてやっていくなら)。
ブラック企業

こんな会社は勤めるなPart10 旅行積立金を強制的に徴収する会社

社員旅行を強制的に参加させられる、旅費が給与天引きで積立てられる、旅行は有休を消化する、旅行先で仕事の話しをする、などに当てはまる企業はブラック企業の可能性が高いです。もしそんな会社に在籍しているなら、早く辞めた方がいいです。
ブラック企業

こんな会社は勤めるなPart9 休日出勤が当たり前の会社

土曜日や日曜日に出勤する、あるいは家で仕事をする事を半強制的にさせる会社はブラック企業でしょう。本来、従業員、社員が定められた労働時間内で最大のパフォーマンスを発揮するようにするのが管理職、ひいては経営者の仕事です。これを無視して休日に仕事をさせるような会社に籍を置いているなら転職した方がいいでしょう。