ブラック企業

ブラック企業

通勤電車でゲームする人

通勤電車でゲームやっている人を見て、何かに洗脳されてしまっている人のように思えたので少し考えてみました。結論は消費ばかりしていて何も生み出さない、生産者側に支配されていると言う事がわかりました。
ブラック企業

ホワイト企業の条件part8 スキルアップのための研修制度が整っている会社

今回は研修制度について取り上げてみました。スキルアップのための社内、社外研修を制度として整えている会社はホワイト企業です。ただし、同じ研修制度でも自己啓発、洗脳系のセミナーを制度として持っている会社はブラック企業なので避けましょう。
ブラック企業

ホワイト企業の条件part7 休日出勤手当てがしっかり出る会社

ホワイト企業の条件として休日出勤手当てがちゃんと支払われることを取り上げました。間違っても休日出勤しても何も対価をくれないブラック企業には行かないようにしましょう。自分の労働力と時間を安売りしないように。
ブラック企業

ホワイト企業の条件part6 ちゃんと休暇がとれる

ホワイト企業の条件として有休をちゃんと取れるかどうか、を今回は取り上げました。ブラック企業を経験したプロサラからするとまさに天国と地獄です。たちが悪いのはブラック企業で地獄にいるはずの人たちは会社に洗脳されていて、その会社で働く事が「天国だ」と思っている点です。
ブラック企業

ホワイト企業の条件part5 パワハラがない

ホワイト企業の場合、業績が安定しているのでパワハラが起こる土壌がありません。一方で外資系やブラック企業ではパワハラが起こりやすいです。中でもブラック企業が一番たちが悪いです。サラリーマンとして生きていくならホワイト企業勤務が一番でしょう。
ブラック企業

ホワイト企業の条件part4 残業時間が少ない

ホワイト企業の条件として残業がない事が挙げられます。単純比較はできませんがブラック企業時代と比較すると2.5倍の生産性の違いがある事がわかりました。ブラック企業で奴隷のように働かされたくなければホワイト企業に勤務するべきです。残業と給与は人生にモロに影響を与えるので最も重要な要素です。
ブラック企業

ホワイト企業の条件part3 子育て手当てが付いている

子供が産まれると手当てがもらえる。嬉しい制度です。このような手当てのある会社はホワイト企業として見ていいでしょう。ブラック企業や外資系企業ではこのような手当ては存在しませんでした。
ブラック企業

ホワイト企業の条件part2 会社で生命保険に無料で加入できる

会社で団体定期保険に加入してくれている事は実は経済的に大きなメリットがあります。プロサラの場合、60歳まで勤めたとすると138万円分経済的負担が減ることになります。見過ごされがちですが福利厚生として団体定期保険制度があるのもホワイト企業の条件の一つといっていいでしょう。
ブラック企業

ホワイト企業の条件part1 住宅手当てがある

ホワイト企業の大きな福利厚生の一つとして家賃の補助、住宅手当てが支給されることです。会社によっては金額も異なってきますのでしっかり確認しておいた方がいいでしょう。住宅は家計費の中でも最も大きな固定費です。ここを会社が負担してくれるとなると非常に大きいです。
ブラック企業

こんな会社に勤めるなPart17 従業員を退職へ追い込む会社

従業員を退職に追い込む企業はブラック企業です。プロサラの実際の経験では先輩が上司から厳しい叱責を受けてメンタルに支障をきたし、最終的には「自主的に」退職していました。このように会社にとって必要でなくなった社員、成果を出さない社員は切り捨てるのです。