外資系転職マニュアル 外資系キャリアプラン編

 

日系企業から外資系企業へ転職した方、外資系企業で働いていて日系企業へ転職しようとしている方、そのような方々に向けたキャリア戦略について以下にまとめております。特に外資系で働くと日系と異なり会社を跨いだキャリア構築も考える必要があるのでこの辺りも視野に入れた形でまとめておりますのでご覧ください。

 

転職先の業界を選定方法は?

・キャリアアップのための業界研究の仕方

PEST分析を行うことで業界の状況を俯瞰的に見ることができます。このフレームワークの使い方を以下の記事では解説しています。

関連記事

どうもプロサラです。 MBA留学前に業界チェンジを含めた転職を考える際に重要なのが業界研究です。業界研究については、書籍で検討することも重要ですがもっと大切なのは、自分で調べてみることです。その際のフレームワークはPEST分析を用いると良[…]

・M&Aトレンドからわかる業界動向

昨今のM&Aが盛んな業界を観察することで有望な業界がわかります。以下では具体的な方法について記載しています。

関連記事

日本企業のM&Aのトレンドとしてリーマンショック以降冷え込んだ件数は2011年から再び増加傾向にあります。 現在のM&Aのトレンドについて少し解説したいと思います。M&Aのトレンドを知ることで転職業界動向がわかりま[…]

 

転職市場で求められる人材になるには?レア人材とは?

・転職市場で求められる人材になる

このためには、定期的な情報収集と転職エージェントとの定期的な情報交換が大切です。以下では具体的にどうやって情報を得るのか、その方法について解説しています。

関連記事

どうもプロサラです。 例え非常識な転職であったとしても時勢を読めば可能であることは以前の記事に記載したとおりです。重要なのは、現在の人材マーケットを把握した上、今後5年後に必要となる人材は何なのか、常にアンテナを貼っておくことなのです。そ[…]

 

・レア人材になるには?

希少価値の高い人材になることができれば転職マーケットで非常に有利になります。どうすれば希少人材=レア人材になれるのか、具体的な方法について以下では解説しています。

関連記事

こんにちは、プロサラです。 どうせサラリーマンとして働くんだったら収入は多い方がよいと思いませんか?サラリーマンなので年収4,000万円とか5,000万円とかは難しいでしょう。でも、年収500万を600万にすることは可能です。年収700万[…]

 

キャリア形成の思考法は?

キャリア形成で重要なのはスキルと経験です。どのようなスキル・経験が市場は求められているのか、自分はどんなスキル・経験を持っているのか。具体的な思考法について以下では説明していますのでキャリア形成の考え方がわからない方は参考にしてみて下さい。

関連記事

どうも、プロサラです。   本日は、プロサラが意識してきた「キャリア形成術」についてお伝えします。皆さん、稼ぎたい、有名な会社で働きたい、いいポジションで働きたい、とか色んな姿を想像されるかと思います。プロサラも将来を毎日イメ[…]

また、キャリア形成に関して「良い転職」を行いたいなら弱いつながりを重要視することです。思いもよらない仕事の機会が得られるかもしれません。以下に弱いつながりの重要性についてまとめてあります。

関連記事

どうもプロサラです。 学生時代にネットワーク理論を学ぶ機会がありました。その際にネットワーク理論の古典ともいえるマークグラノヴェッターの論文を読みました。今回は彼の主張している「弱い紐帯」理論について簡単に解説します。 弱い紐帯理論とは […]

キャリア形成の思考として大切なことの一つに、「他社と差別化できるユニークなキャリア」を作っておくことがあります。他社と違う経験やスキルを持っておくと、貴重な存在として扱われる可能性が高いからです。以下に詳しく書いています。

関連記事

どうもプロサラです。 プロサラは31歳で初めての転職をしてからもう5社目です。その中で一番感じる事はユニークなキャリアを持っているため、他者と差別化できる点です。他の人と異なるキャリアを作っておけばそれだけで注目されます。 メーカー以外か[…]

 

中長期のキャリアプランの作り方は?

一つの例として、20代で就職活動に失敗しても40代でそこそこの年収で楽するキャリア構築することは可能です。プロサラの事例からどうやって中長期のキャリアプランを作ったらいいのか解説しています。

関連記事

どうもプロサラです。 今まで様々な会社で働いてきた中で思う事は自分のライフステージに合わせたキャリアを作って行く事です。自分自身を振り返ってみます。下記のような人は参考になるかと思います。 ・将来(45歳以降)はできるだけ楽したい ・[…]

 

30代になったら考えたい人生戦略は?

30代になると、独身の人、結婚した人、子供ができた人、などライフステージが多様になります。それぞれのステージに合わせたキャリア構築が必要になります。

関連記事

どうもプロサラです。 30歳を境に大きく人生が変わっていきます。20代後半で結婚した人は子供が産まれ子育てに、独身の人はキャリア作りに、あるいは転職したりする年齢です。 入社5年目くらいまでは同期入社の同僚と酒を飲んでいたものの、回数も[…]

 

転職回数ではなく何をやってきたかが重要なのはなぜ?

企業を取り巻く環境変化のスピードは日を追うごとに早くなっています。新たな人材ニーズが次々と出てくる中、これまでのように自前で人を育てる事ができなくなっている大企業はキャリア採用を積極的に行うようになっています。このような背景のため、転職回数は重要視されなくなりつつあります。以下ではこの点についてまとめています。

関連記事

どうもプロサラです。   プロサラは36歳までに4回転職して5社で働いています。4回の転職回数が多いと思う方、多いと思います。また、転職エージェントに聞いても、30代での転職回数は2回までが普通で多くて3回と言われました。この[…]

 

効率的なキャリアアップの方法は?

シンクタンクの産業レポートはキャリアプランを考える上で重要です。このレポートを入念に読み解くことで、どのようにキャリア構築すべきかヒントを得ることができます。

関連記事

どうもプロサラです。 みずほ銀行のシンクタンク部門から定期的に産業レポートが発表されています。こういったレポートは国内外の産業動向を掴むことができます。転職活動で業界研究をされている方にはとても便利なレポートかと思われます。無料でダウンロ[…]

 

絶対にやってはいけない転職は?

中小ブラック企業への転職は絶対に避けたいところです。いったん就職してしまうと、そこから抜け出すのは至難の業です。以下の記事でまとめています。

関連記事

どうもプロサラです。 中小規模のブラック企業から誰もが知るホワイト大企業への転職は非常に厳しいです。プロサラが新卒入社した会社の同期30数名いましたがホワイト大企業へ転職しているのはプロサラが知る限り自分のみです。他は同じ中小規模のブラッ[…]

 

40代をどう考える?

30代になれば40代以降のキャリアについて、自身の経験を書いています。ライフイベントに合わせて自分のワークスタイルを変化させることもキャリア構築において非常に重要です。

関連記事

どうもプロサラです。 40代以降をどう生きるか最近考えるようになりました。色々なパターンが考えられます。サラリーマンを続ける、サラリーマンを引退する、サラリーマンを引退して事業を始める、サラリーマンは時短で働き続けるが副業をメインにしてい[…]

関連記事

どうもプロサラです。 40代以降をどう生きるか、2回目はサラリーマンを引退する場合を考えます。前回はサラリーマンを続けた場合について考えてみましたが、今回は真逆で引退した場合について考えます。この場合は引退後にどのような生活をしたいのかで[…]

関連記事

どうもプロサラです。 40代以降をどう生きるか、3回目はサラリーマン時代に副業を大きくし、独立する形でサラリーマンを引退する、について書きます。こちらは前回の引退よりもより現実的です。いかに副業で稼げる体質をサラリーマン時代に作っておくか[…]

関連記事

どうもプロサラです。 40代以降をどう生きるか、4回目はサラリーマンは続けるが時短勤務などフレキシブルな勤務体系にしつつ、副業に専念する形です。時間的、経済的自由を低リスクで実現させたい方には最も現実的な方法ではないでしょうか? サラリー[…]

 

20代が考えるべきキャリア戦略とは?

プロサラ自身の体験を基に、20代の平凡サラリーマンが考えるべきキャリア戦略についてまとめたのが以下の記事です。20代で自身のキャリアを模索している方は参考になるのではないでしょうか。

関連記事

どうもプロサラです。 MBAホルダーである事はキャリアップ上確実に有利になります。地方公立大卒で、ブラック企業出身のプロサラでも、今では年収1,000万のホワイト日系企業勤務です。こうなるためにはかなり戦略的にキャリア戦略を考える必要があ[…]

関連記事

どうもプロサラです。 前回にイントロダクションという形で中流サラリーマン向けのキャリアアップ術について説明しました。今回はフェーズ1と言う事でもしブラック企業に入社してしまったら、どうするかをキャリアの観点から説明します。 ブラック企業に[…]

関連記事

どうもプロサラです。 20代中流サラリーマンの方向けに自分自身の経験を参考にしてもらうために20代の中流サラリーマン向けにキャリアアップに関する記事を書いています。3回目はブラック企業へ入社し、成果報酬のみをあてにしながら資本を蓄えた結果[…]

関連記事

どうもプロサラです。 20代中流サラリーマンの方向けに自分自身の経験を参考にしてもらうために20代の中流サラリーマン向けにキャリアアップに関する記事を書いています。4回目はMBA留学中に考えていた事について書きます。特に帰国後のキャリアに[…]

関連記事

どうもプロサラです。 10年前の自分へ、という意味も込めて今の自分からできるアドバイスをします。プロサラが25歳の頃は本当に大変で色々悩み、本を読み、試行錯誤する中でMBA留学し、外資系企業へ転職し、再び日系企業へ転職して今があります。こ[…]

DODAの20代の転職理由ランキングから考えるキャリア構築法

DODAの20代のビジネスパーソン向けのインターネット調査で転職理由に関するランキングが発表されていました。そのランキングを見てプロサラの20代の境遇とほぼ一緒でした。プロサラの場合は全てを解決してくれたのがMBA留学でした。以下の記事群では現状に不満のある20代に対するプロサラなりの回答を示していますのでぜひ参考にしてみて下さい。

関連記事

どうもプロサラです。 DODAの20代のビジネスパーソン向けのインターネット調査で転職理由に関するランキングが発表されていました。そのランキングを見て自分の20代の境遇とほぼ一緒でさらにそれらのほぼ全てを解決してくれたのがMBA留学でした[…]

関連記事

どうもプロサラです。 DODAの20代のビジネスパーソン向けのインターネット調査で転職理由に関するランキングが発表されていました。そのランキングを見て自分の20代の境遇とほぼ一緒でさらにそれらのほぼ全てを解決してくれたのがMBA留学でした[…]

関連記事

どうもプロサラです。 DODAの20代のビジネスパーソン向けのインターネット調査で転職理由に関するランキングが発表されていました。そのランキングを見て自分の20代の境遇とほぼ一緒でさらにそれらのほぼ全てを解決してくれたのがMBA留学でした[…]

関連記事

どうもプロサラです。 DODAの20代のビジネスパーソン向けのインターネット調査で転職理由に関するランキングが発表されていました。そのランキングを見て自分の20代の境遇とほぼ一緒でさらにそれらのほぼ全てを解決してくれたのがMBA留学でした[…]

関連記事

どうもプロサラです。 DODAの20代のビジネスパーソン向けのインターネット調査で転職理由に関するランキングが発表されていました。そのランキングを見て自分の20代の境遇とほぼ一緒でさらにそれらのほぼ全てを解決してくれたのがMBA留学でした[…]

関連記事

どうもプロサラです。 DODAの20代のビジネスパーソン向けのインターネット調査で転職理由に関するランキングが発表されていました。そのランキングを見て自分の20代の境遇とほぼ一緒でさらにそれらのほぼ全てを解決してくれたのがMBA留学でした[…]

関連記事

どうもプロサラです。 DODAの20代のビジネスパーソン向けのインターネット調査で転職理由に関するランキングが発表されていました。そのランキングを見て自分の20代の境遇とほぼ一緒でさらにそれらのほぼ全てを解決してくれたのがMBA留学でした[…]

関連記事

どうもプロサラです。 DODAの20代のビジネスパーソン向けのインターネット調査で転職理由に関するランキングが掲載されています。このランキングは自分の20代の境遇とほぼ一緒でした。そしてそれらのほぼ全てを解決してくれたのがMBA留学でした[…]

関連記事

どうもプロサラです。 DODAの20代のビジネスパーソン向けのインターネット調査で転職理由に関するランキングが掲載されています。このランキングは自分の20代の境遇とほぼ一緒でした。そしてそれらのほぼ全てを解決してくれたのがMBA留学でした[…]

関連記事

どうもプロサラです。 DODAの20代のビジネスパーソン向けのインターネット調査で転職理由に関するランキングが掲載されています。このランキングは自分の20代の境遇とほぼ一緒でした。そしてそれらのほぼ全てを解決してくれたのがMBA留学でした[…]

 

営業職の方が考えるべきキャリアプランは?

もし、営業職で今の仕事が嫌だと思う人はすぐに別の職種へ転職すべきです。営業職のデメリットについて以下の記事ではまとめています。

関連記事

どうもプロサラです。 率直に行って、営業職はあまりメリットがないと個人的には思っています。その理由についてシリーズ化して伝えていきたいと思います。もちろん、セールスが好きで得意な方、実績を残している人は対象ではありません。 そもそもその[…]

関連記事

どうもプロサラです。 営業職は辞めた方がいいシリーズ二回目はひたすら製品を売り続けなければならない、です。営業職のミッションは自社の製品やサービスを顧客に提案して受注することです。目標数字を達成するためにはひたすらその製品やサービスを売り[…]

関連記事

どうもプロサラです。 営業職は辞めた方がいい第三弾は営業組織は下流部のためビジネスの全体像が見えない、です。営業活動はビジネスプロセスにおいて製品が企画、開発、製造された最後になります。そのため、ビジネスの全体像が見えません。今やっている[…]

関連記事

どうもプロサラです。 営業職は辞めた方がいい4回目は、「転勤させられる」です。営業職の場合、否応なしに転勤させられます。子供がいる、いない関係なしに飛ばされてしまいます。せっかく土地に慣れてきたところで転勤なんてことも。 4年でせっかく顧[…]

 

外資系転職マニュアルへ戻る