キャリア・MBAよろず相談

キャリア・MBAよろず相談所はじめました。

 

TwitterのDM宛にMBA留学やキャリアに関する相談を受けるようになりましたので相談所をオープンしました。以下に当てはまる方は問い合わせフォーム、またはTwitterのDM(@ProSalaist)までご連絡下さい。

 

とはいえ、急に相談だと敷居が高いと思われます。

 

そのような方には、キャリア戦略ついて、プロサラがブラック企業時代に考えていたことを、その後のMBA留学・外資系企業勤務時代の経験から体系的にまとめた「戦略的転職プラン」をご覧下さい。

 

【年収400万円の方へ】キャリア構築のための戦略的転職プラン構築法 前編|プロサラ|note
「プロサラいすと」ブログからこちらのページへお越し頂きありがとうございます。本Noteはプロサラが20代にブラック企業でキャリア構築や転職について思考錯誤していた時に考えていた事を、その後のMBA留学や仕事で得た経験・知識から体系的にまとめたものになります。 当時のプロサラは頭の中で転職戦略を考えながら...
【年収400万円の方へ】キャリア構築のための戦略的転職プラン構築法 中編|プロサラ|note
「プロサラいすと」ブログからこちらのページへお越し頂きありがとうございます。本Noteはプロサラが20代にブラック企業でキャリア構築や転職について思考錯誤していた時に考えていた事を、その後のMBA留学や仕事で得た経験・知識から体系的にまとめたものになります。 当時のプロサラは頭の中で転職戦略を考えながら行動し...
【年収400万円の方へ】キャリア構築のための戦略的転職プラン構築法 後編|プロサラ|note
「プロサラいすと」ブログからこちらのページへお越し頂きありがとうございます。本Noteはプロサラが20代にブラック企業でキャリア構築や転職について思考錯誤していた時に考えていた事を、その後のMBA留学や仕事で得た経験・知識から体系的にまとめたものになります。 当時のプロサラは頭の中で転職戦略を考えながら行動していま...

対象になる人

・年齢層:社会人1年目から30歳くらいまでの人

・大卒以上

・大学レベル 関東ならMARCH、関西なら関関同立、地方国公立大レベル

・年収:400万円から600万円くらいの人、30代前半で1,000万円、35歳くらいまでで1,200万円くらい稼ぎたい人(ただし、サラリーマンとして。副業は考慮しません)

・TOP MBAではなく中堅MBAを考えている人

・英語力:現在TOEIC400点以上の人

・ブラック企業で働いているが抜け出したい人

・外資系企業で働いてみたい人

 

対象でない人

・一流大学卒(旧帝大 早慶レベル)

・TOP MBA受験を考えている(ランキングTOP 20位以内)

・戦略コンサル、投資銀行でのキャリアを作りたい

・年収1,000万円以上の人

・TOEIC900点以上の人

 

できる事

キャリア相談やMBA留学などを中心にざっくばらんに相談にお答えします。対象になる人に挙げた項目は全てプロサラが経験してきたことです。当てはまる人にはかなり的確なアドバイスができるのではないかと思っています。

 

料金

無料。パイロットでやっていますので無料とさせて頂きます。

終了後に本相談についてのアンケートにお答え頂ければ幸いです。

 

方法

メールベースでの相談になります。

 

※メールアドレスを頂戴する形になります。本ブログおよびプロサラのプロフィールをご覧頂いた上で信頼できないと思われる場合は、コンタクトされないようお願いします。

 

期間

平日はサラリーマンしていますので土日に回答する形になります。1週間ほどお時間下さい。また、頂いている相談の数によっては回答が遅れる場合がありますこと、ご承知おき下さい。

 

過去の相談例

以下に過去の相談例の記事を記載していますので参考にしてみて下さい。

 

MBAキャリア相談 part1 年収を上げたいです
入社3年目くらいのレベルであれば給与が低いのは当然です。まずは評価されるような実績を作りましょう。その上で給与が上がらないなら転職しましょう。転職する際には給与アップが目的であることを転職エージェントに明確に伝えましょう。
MBAキャリア相談part2 35歳でキャリアチェンジしたい
35歳でキャリアチェンジをするならば、自分のスキルや経験を十分に棚卸しして、今の転職市場での自分の価値を客観的に見た上で活動されることをオススメします。また、現職での価値も相当高いと思われるので職場で相談することも忘れないようにしましょう。戦略的に転職を考えるならば下記の記事が参考になります。
MBAキャリア相談part3 どのMBAに行くか悩んでいます
今回はMRの方のキャリアとMBAの相談にお答えしました。ライフサイエンス系の職種は今後も伸びそうなのでMRの方は留学してMBA取得すると市場価値がかなり高くなりそうです。外資系のライフサイエンス系の企業のマーケティング職はポストMBAとしては狙い目ではないでしょうか。
MBAキャリア相談part4 国内MBAか海外MBAかで悩んでいます
今回の場合は国内営業でキャリアを作っていきたいということだったので国内MBAを取得するのが一番合理的です。さらには給付金制度もありますので経済的なダメージをくらうことなくMBA取得が可能です。キャリアプランの作り方については以前に戦略的転職プランシリーズで書いていますのでこちらを参考にしてみて下さい。
MBAキャリア相談part5 なるべく安くMBA留学したいのですが
今回はなるべく安くMBA留学したいという相談を受けました。海外MBA取得にあたってボトルネックになるのは授業料です。欧州、1年制、地方、の大学であれば通常のMBAコースよりも格安で取得できる可能性があるので狙い目です。
MBAキャリア相談part6 MBA留学準備に必要な時間を教えてほしいです
今回は留学準備期間に関する相談でした。TOP MBAを選択しない場合は英語力の準備が留学準備にかかる時間と思っていいでしょう。TOEIC 400点レベルなら1年、600点レベルであれば半年、800点レベルであれば3ヶ月くらいあれば準備できるでしょう。
MBAキャリア相談part7 MBAって本当にメリットあるのですか
MBAが本当にメリットがあるのかどうかは本人のキャリアプラン次第です。何をしたいのか、どうなりたいのかが、そこと自分の位置を測ってみてMBAが手段として最適なら留学すべきでしょう。
MBAキャリア相談part8 MBAって転職に有利なのでしょうか
例え下位校でのMBA取得であったとしても転職には有利に働くでしょう。外資系企業であっても日系企業であってもMBAホルダーを欲しがっている企業は多いです。特に日本市場がシュリンクする中で本格的なグローバル競争が始まっている現在を考えると海外MBAホルダーはますます求められるようになるでしょう。
MBAキャリア相談part9 MBA留学すれば英語力は上がるのでしょうか
今回の相談はMBA留学することで英語力、ビジネスで通用するレベルのコミュニケーション力が身につくかという内容でした。MBA留学を経験すれば十分な英語力が付くのでこの点については心配不要でしょう。
キャリアMBA相談part10 MBA中位・下位校へ留学した場合のキャリアについて教えて下さい
今回は中位・下位校でMBA取得した場合の卒業後のキャリアについての相談でした。プロサラはMBA下位校を卒業しましたが、マーケティングから経営企画系の職種で働いています。ビジネス上流のポジションへのキャリアチェンジは十分可能です。また年収も大幅に上げることができるでしょう。
MBAキャリア相談part11 外資系企業へ転職を考えています
営業職の外資系企業は給与面で言えば魅力的かもしれません。しかしながら給与以外にも転職するための重要なポイントがあるはずです。今回は福利厚生とキャリアについて取り上げましたが、他にも働き方、ワークライフバランス、など個々人によっては考慮するポイントが異なってくるかと思われます。
MBAキャリア相談part12 MBA留学へのモチベーションが続かず困っています
いったんMBA留学を決意しても実際に留学するのは1年後とか2年後だったりします。挫折しないためにもモチベーションを保つ工夫をする必要があります。プロサラは会社に宣言して逃げられないようにしました。
MBAキャリア相談part13 効率的な勉強方法を教えて下さい
今回の相談内容はいかにして効率的に英語学習するかについてでした。これは英語学習に限りません。忙しいビジネスパーソンにとってどうやって時間を確保するかは重要な課題です。プロサラも試行錯誤した経験があります。これについては効率的な学習法にまとめましたのでそちらをご覧下さい。
MBAキャリア相談part14 MBA留学するための資金準備の方法を教えて下さい
キャリアアップのためのMBA留学を目指したい、だけどお金が・・・。という方は結構いらっしゃるのではないでしょうか。今回回答した内容を実行することで少なくとも3年あれば資金的な準備ができるはずです。ある程度の貯金がある人であれば1年や2年で貯めることも可能でしょう。
MBAキャリア相談part15 MBAでキャリアップしたい
今回は20代後半の方からMBA留学に関する相談を受けました。目的が曖昧な方だったので、回答としては目的を明確にすることを挙げさせて頂きます。そうでないともし留学することを決意したとしても挫折する可能性が高いです。