子育てキャリア術part2 基本的な平日の1日

子育て術

どうもプロサラです。

 

子育てキャリア術2回目は具体的にプロサラの1日を書いてみようと思います。一日に何をしているのか、世のお父さんの参考になれば幸いです。育児への協力度でいったら高い方ではないでしょうか?

 

30代中盤・年収1,000万以上でこの1日を実現させるためにキャリアを作ってきたといっても過言ではありません。

 

午前7時に起床

朝は毎日7時に起きます。起きたら、食洗機から食器を出します。また、ゴミが溜まっていればゴミ袋の交換とゴミ出しを行います。子供が起きていれば10分間くらい抱いてあやします。寝ていれば寝顔を見ておはようと声かけします。

 

午後18時前後に退社

朝は9時から仕事がはじまり代替18時には仕事を終えて帰宅の路につきます。帰りしなにオムツをはじめとした日用品で必要なものがあれば近所のドラッグストアで買い物して帰ります。19時前後に帰宅します。

 

子供と遊ぶ時間

19時に帰宅すれば妻と交代で子供を見ます。その間に食事の用意をしてもらいます。食事はコープデリのミールキットが便利です。手軽に出来て必要な栄養素をちゃんと採ることができます。

 

(参考)子育て共働世代に必須のコープデリ(cope deli)のミールキット

子育て共働世代に必須のコープデリ(cope deli)のミールキット
共働き世帯にとって平日の晩御飯の準備は大変な家事かと思われます。そんな方にはコープデリのミールキットがオススメです。簡単に調理できます。さらに価格もリーゾナブル。自動食洗機と一緒に使うことで毎日の平日夜の火事時間が30分削減できます。平日の夜の30分を読書や趣味、団欒の時間に充てる事ができるようになりますよ。

 

19時過ぎから20時前までの約30分から40分間は子供と遊びます。

 

20時から食事

食事を取ります。先にプロサラが食べてその間に、妻が子供の面倒を見ます。さっさと食べたら交代します。その間にお風呂にお湯を沸かします。食べ終えたら食器洗浄機に食器を入れてスイッチを入れて洗います。この食洗機、非常に便利です。

 

(参考)子育てを楽する -自動食洗機 Panasonic NP-TA1 –

子育てを楽する -自動食洗機 Panasonic NP-TA1 -
プロサラはPanasonic食洗機 NP-TA1を設置したおかげで時間が大幅に節約できました。ルンバに続き必須のアイテムです。プロサラのような子育て世帯には重宝されるアイテムかと思われます。価格は設置料込みで10万円近くになりますが、それでも投資効果は十分です。是非設置されることをオススメします。

20時30分からお風呂タイム

妻がご飯を食べ終えたらプロサラが先にお風呂に入って体を洗います。洗い終えたら呼び出しボタンで子供を抱えた妻がやってきます。そして子供をお風呂に入れます。15分くらいかけて体を洗ってあげたら再び妻を呼び出して子供の体を拭いて服を着せてもらいます。

 

21時前後に就寝

風呂から上がったプロサラは服を着た子供を妻からバトンタッチで引き受けます。そして妻がお風呂に入っている間に子供を寝かしつけます。なかなか寝てくれない時もありますが遅くても22時には寝ています。

 

平日も毎日最低1時間は子供と一緒

朝の10分、帰ってきてからご飯を食べるまでの40分、お風呂に入れている15分、寝かしつけの20分、合わせると1時間以上は子供と一緒にいることができます。

 

戦略的にキャリア構築してきた結果

以上のような毎日を遅れるのは定時ではじまって定時で帰ってこられる会社・職種で働いているからです。年収は30代中盤で1,000万円あります。しっかり稼いで子供とも向き合う時間を作ることができたのは20代からしっかり戦略を練ってきた結果です。

 

まとめ

いかがでしたでしょうか?

 

プロサラの毎日をお伝えしました。限られた人生の中でも特に貴重なのは子供成長に毎日向かい合える事です。そのためにはライフプランとキャリアプランを戦略的に考えておくことが必要です。次回は子育てのために必要なキャリアプランについて書きたいと思います。

 

シリーズ記事はこちらから。

子育てキャリア術part1 子育てに対する考え方
子供の成長に立ち会うことは限られた人生の中でも本当に限られた、貴重な時間であることを感じています。より多くの時間に立ち会うためにはキャリアを前もって計画立てて考えておく必要がありますし、子供ができたら今の環境でどうすればよいのか考える必要があります。

コメント