外資系転職 海外出張編Part4 社内会議タイ編

MBA留学

どうもプロサラです。

 

海外出張シリーズ第四弾はタイ編です。アジアパシフィックのマーケティングメンバー全員でキックオフミーティングを行うためタイに集まることがありました。

 

マネジメントチームからの説明に始まり、最終的には自分のリージョンをどうやってマーケティングしていくのかディスカッションしました。またリージョンを超えてプロジェクトをいくつか走らせることになりました。

 

タイのシャングリラホテルに集合

当時、グローバル組織に属していたプロサラは日本代表として、アジアパシフィックのマーケティングサミットに参加することになりました。

 

日本、韓国、中国、シンガポール、香港、オーストラリア、インドからメンバーが集まりました。目的は年間方針の確認を行う事、アジアパシフィックのメンバー間でチームビルディングしてグローバルへのプレゼンスを高める事、各自のリージョンのマーケティング施策のアイデア出しを行う事でした。

 

トップマネジメントによる年間方針のプレゼン

まず始めにディビジョンのトップから年間方針の説明がありました。今年度の重点戦略から始まり、グローバルの年間売上の目標値が知らされます。その後は理念の説明とかマーケティングに求めることとか、演説が始まります。

 

日本でもそうですが、トップの話しは面白い人は面白いですが、つまらない人のプレゼンはつまらない。半分以上の社員が退屈そうにしていたのを覚えています。後でインド人とシンガポール人の同僚と、「彼はもうすぐクビかもな」、「説明の戦略がなさすぎる」とか愚痴ってました。

 

国が変われどマネジメント層に対する見方は厳しいものです。

 

メンバー間でのチームビルディングを行う

初日はトップの方針と各ディビジョンの方針説明で終わりました。二日目はチームビルディングを行いました。全部で3つのディビジョンがあるのですが、ディビジョン横断でチームを作ってゲームをしました。

 

また、各人の特性を把握するワークショップも行われました。自分の性格を自己分析してチームメンバー内での役割を認識するために行われました。自分の特性からチーム内でどう貢献できるのかがよくわかりました。

 

リージョンのマーケティング施策の出し合い

アジアパシフィックのメンバーで集まった理由はアジアとしてのプレゼンスをグローバルに対して示す必要があったからです。高い成長率を誇るアジアにもっとグローバルから注目してもらって投資を呼び込もう、というのが趣旨でした。

 

そこで各エリアでのマーケティングを最大化させるためにエリアを越えて活かせる事はできないか、議論しました。MBAコースの時もそうでしたが、とにかくインド人がうるさかったのを覚えています。とにかく自分の主張をしてくる。

 

しかもその意見は思いつきで構造化されていない。そして人の言うことを聞かない。という特性をディスカッションチームで把握しながら進めました。シンガポール、香港人とで「インド人の話しは話半分に聞こう」と裏で話しました。

 

こうして数チームに分かれて行われたディスカッションの結果をプロジェクト化して、会議後も引き続き進行して行く事になりました。隔週でメンバーで電話会議してプロジェクトを進めていきました。

 

まとめ

いかがでしたでしょうか?

 

タイへの出張経験では、アジアパシフィックのメンバーと一緒にチームビルディング出来た事がいい思い出です。国は違えどチームになると一体感が出てきます。お互いが顔を直接合わせた事で、ネットワークも出来ました。日本に帰ってからも何か聞きたいことがあれば彼らに聞くことができました。また逆に彼らから質問されることも多くなりました。

 

プロサラはDODAにお世話になっています。外資系・日系含め圧倒的な求人数でオススメです。

 

海外出張シリーズはコチラをどうぞ。

外資系転職 海外出張編-失敗を許さない日本-香港編
香港では日本と違って顧客に製品のポジティブな部分をアピールして製品を買ってもらうのが一般的です。また欧米もそうです。日本では失敗を許さない文化が背景にあるため、製品のネガティブな面を重視してしまいます。欧米人にとっては理解できない日本の特殊性を香港出張で感じました。
外資系転職 海外出張編Part2 米国本社へ2週間の長期出張
米国は土地が広いので本社も広い。一人当たりのスペースも広く、個室が与えられています。一方で日本から来たプロサラには容赦ない詰めが行われます。日本の数字はどうなっているんだ、どうやって数字を上げていくのか。一回現場を見に来い!と約束を取り付けるのでした。本社とローカルの間の高い壁を感じた出張でした。
外資系転職 海外出張編Part3 グローバル会議@プラハ
プラハでの出張会議では、日本の会議とは全く異なる進め方だなと感じました。参加者の意見で会議の方向が変わっていく、結果として新しいアイデアや知見が得られれば最初に想定したアジェンダはどうでもいい。

 

外資系転職については以下の記事も読まれています。

外資系企業とプレッシャー
外資系企業では会社とのコミットメントが非常に重要です。コミットした数字、目標には非常にシビアな目で見られます。日系企業のように毎日決まった時間に出社しても数字が達成できていなければ袋叩きにされます。
外資系企業での出世
外資系企業でのキャリアについて説明してきました。以上はあくまでプロサラの実体験です。マネジメント層になると中途採用で外からやってくることがほとんどです。また、業界にはピラミッド構造が存在しており、基本的にはピラミッドの上から下へキャリアアップする形で転職してくるのです。
外資系企業への転職
プロサラははじめての外資系企業への転職でカルチャーショックをかなり受けました。ですが、人間関係がある程度できてくるとその仕組みが合理的にできていることに気づきます。
ポストMBA外資系企業での面接術
外資系企業での面接術について紹介します。同業種・同業界の場合はスキル・経験の刷り合わせになるので何をやってきたのかを話しましょう。異業種・異業界の場合は熱意とキャッチアップするための具体的な努力を伝えましょう。両者に共通する対策として端的にかつ早口で話すようにしましょう。
ポストMBA外資系転職:米国本社勤務への壁
外資系メーカに勤めていた頃、プロサラは本社への出張はあるものの、米国本社で働くという機会には恵まれませんでした。実感として本社で働くのは相当な理由がないと難しいです。ポストMBA転職後に、米国本社で働きたい方、興味のある方に本社で働くために必要な事について説明します。

 

コメント