外資系転職 海外出張編Part5 ボストンへの展示会編

MBA留学

どうもプロサラです。

 

海外出張編の第五弾はボストンへの展示会への出張です。海外の展示会で自社製品の展示を見て日本への参考にしようと思って参加しました。人数の多さに驚いたとともに世界中から人が集まってくることにグローバルな展示会ってすごいな、と単純に感じました。

 

 

出張の目的

日本市場での参考にしようと思ったのがきっかけです。製品のプロモーションの仕方、展示ブースのデザイン、顧客へのアプローチの仕方、海外での新製品の動向、などを確認することが目的でした。

 

チケットや宿は全て自分で手配し、成田からボストンへ飛びました。現地のスタッフと打合せも兼ねていたのでアポも取っていきました。

 

 

大規模な展示と大小様々な企業による商談

会場はボストンコンベンションセンターでした。大小様々な企業がブースを構えて担当者が顧客を招いて自社製品の説明を行っていました。ベンチャー企業のブースもあります。

 

中には何を作っているのかよくわからない、中国企業や中東系の企業もありました。自社製品に関係がありそうな製品を展示している企業があれば、そこのブースに立ち寄り、製品を見せてもらいました。

 

どこでビジネス展開しているのか、価格はいくらなのか、これからどんな製品をローンチする予定なのか、などを聞いたりして最終的には名刺交換をしました。

 

その場ではその会社がどんな会社かはわからないので帰ってからネットで調べる、現地の担当者に確認する、などして本当に日本市場にとって面白そうな製品を出している、ということであればコンタクトします。ですが、この展示会ではそういった企業はありませんでした。

 

 

グローバルのPMとディスカッション

日本を発つ前にあらかじめ、グローバルの製品担当者に展示会に参加するのかどうか確認を取りました。来るとのことだったので、少し時間を空けてくれとお願いし、日本での対応方法についてどうするかミーティングする機会をもらいました。

 

普段、日本で仕事をしていると、電話でしかコンタクトできないので、展示会は直接顔を合わせてディスカッションする重要な場です。日本でのクレーム、将来製品のパイプライン、現在開発中の製品の進捗、日本の売上の現状とその報告、今後の日本市場のトレンド、などをディスカッションする場を設けました。

 

ちょこっと観光

目的を果たしたらちょこっとだけ、観光に行ってきました。ボストン美術館へUberを使って行き、美術館訪問後は裏手に歩いて出てフェンウェイパーク(ボストンレッドソックスの本拠地)まで行きました。帰りもUberを使いました。

 

相乗りでしたが、タクシー代がすごく安かったのを覚えています。予約時にドライバーの評価がわかるので安心して乗ることができます。支払いも自動的に行ってくれるので便利でした。

 

まとめ

いかがでしたでしょうか?

 

展示会では大小多様な企業が出展し、商談が行われていました。また、展示会は現地の担当者と打合せをする重要な機会です。日本からの情報を彼らにインプットするのと、グローバルの情報を聞き出すことはマストです。

 

日本市場の売上を最大化させることがミッションなのでそのための活動を展示会では行ったのでした。

 

プロサラはDODAにお世話になっています。外資系・日系含め圧倒的な求人数でオススメです。

 

海外出張シリーズはコチラをどうぞ。

外資系転職 海外出張編-失敗を許さない日本-香港編
香港では日本と違って顧客に製品のポジティブな部分をアピールして製品を買ってもらうのが一般的です。また欧米もそうです。日本では失敗を許さない文化が背景にあるため、製品のネガティブな面を重視してしまいます。欧米人にとっては理解できない日本の特殊性を香港出張で感じました。
外資系転職 海外出張編Part2 米国本社へ2週間の長期出張
米国は土地が広いので本社も広い。一人当たりのスペースも広く、個室が与えられています。一方で日本から来たプロサラには容赦ない詰めが行われます。日本の数字はどうなっているんだ、どうやって数字を上げていくのか。一回現場を見に来い!と約束を取り付けるのでした。本社とローカルの間の高い壁を感じた出張でした。
外資系転職 海外出張編Part3 グローバル会議@プラハ
プラハでの出張会議では、日本の会議とは全く異なる進め方だなと感じました。参加者の意見で会議の方向が変わっていく、結果として新しいアイデアや知見が得られれば最初に想定したアジェンダはどうでもいい。
外資系転職 海外出張編Part4 社内会議タイ編
タイへの出張経験では、アジアパシフィックのメンバーと一緒にチームビルディング出来た事がいい思い出です。国は違えどチームになると一体感が出てきます。お互いが顔を直接合わせた事で、ネットワークも出来ました。日本に帰ってからも何か聞きたいことがあれば彼らに聞くことができました。また逆に彼らから質問されることも多くなりました。

 

 

外資系転職については以下の記事も読まれています。

外資系企業とプレッシャー
外資系企業では会社とのコミットメントが非常に重要です。コミットした数字、目標には非常にシビアな目で見られます。日系企業のように毎日決まった時間に出社しても数字が達成できていなければ袋叩きにされます。
外資系企業での出世
外資系企業でのキャリアについて説明してきました。以上はあくまでプロサラの実体験です。マネジメント層になると中途採用で外からやってくることがほとんどです。また、業界にはピラミッド構造が存在しており、基本的にはピラミッドの上から下へキャリアアップする形で転職してくるのです。
外資系企業への転職
プロサラははじめての外資系企業への転職でカルチャーショックをかなり受けました。ですが、人間関係がある程度できてくるとその仕組みが合理的にできていることに気づきます。
ポストMBA外資系企業での面接術
外資系企業での面接術について紹介します。同業種・同業界の場合はスキル・経験の刷り合わせになるので何をやってきたのかを話しましょう。異業種・異業界の場合は熱意とキャッチアップするための具体的な努力を伝えましょう。両者に共通する対策として端的にかつ早口で話すようにしましょう。
ポストMBA外資系転職:米国本社勤務への壁
外資系メーカに勤めていた頃、プロサラは本社への出張はあるものの、米国本社で働くという機会には恵まれませんでした。実感として本社で働くのは相当な理由がないと難しいです。ポストMBA転職後に、米国本社で働きたい方、興味のある方に本社で働くために必要な事について説明します。

 

コメント