外資系転職 海外出張編Part3 グローバル会議@プラハ

MBA留学

どうもプロサラです。

 

海外出張第三弾はチェコはプラハでのアドバリザリーボードミーティングへの出席です。世界各国から主要な顧客を集めて、次世代製品へのヒアリング、プロトタイプのフィードバックを得るために訪問しました。

 

また、現地の工場へのサイトビジットも行い、製品がどのようにして作られているのか見学も行いました。

 

会議の目的

米系企業がなぜプラハでミーティングを行うのか、それはその製品がチェコで作られている事、ヨーロッパに主要な顧客がいる事からプラハで行われました。目的は次世代製品のプロジェクトにおいて、プロトタイプ品の製品評価と、次世代製品のコンセプトや構想についてのフィードバックを貰うためのものです。

 

アメリカはもちろん、フランス、スペイン、イギリス、オーストラリア、そして日本から顧客が招かれました。プロサラは日本からその顧客とともに日本のマーケット担当としてのフィードバック(=日本市場の要求)するために参加しました。

 

2回目のプラハ

イギリス留学中にプラハへ旅行で来たことがあったのでなんとなくの土地勘はありました。そこで会議の合間に日本の顧客と一緒に少しだけ観光することができました。

 

ディスカッションベースで進められていく会議

日本で顧客を集めて同様の会議を行った場合、前もってアジェンダをしっかり決めておいて、その順番通りに、時間も厳格に進められていきます。したがって準備を周到に行います。

 

また、顧客を呼ぶということであれば顧客対応もしっかりします。ところが今回の会議で驚いたのは、会議進行は結構適当で、参加した顧客や社員のディスカッションによってアジェンダが変わっていた事です。

 

また、ディスカッションも顧客の声に対して、社員も同等にディスカッションします。顧客に謙る必要はありません。

 

あくまで対等な立場でディスカッションするのです。MBAのコースのときも感じた事ですが、この場で意見をしてディスカッションの流れを作る事の出来る人がその場のリーダーであり、貢献者として称えられたのでした。日本の会議とは明らかに異なる部分を感じました。

 

まとめ

いかがでしたでしょうか?

 

プラハでの出張会議では、日本の会議とは全く異なる進め方だなと感じました。参加者の意見で会議の方向が変わっていく、結果として新しいアイデアや知見が得られれば最初に想定したアジェンダはどうでもいい。

 

また、意見した人、議論の流れを作った人が貢献者として認められる。最終的に会社から賞をもらっていたのは場を作っていた顧客でした。プラハへの出張を通じて日本と海外の違いについて学ぶ事ができました。

 

プロサラはDODAにお世話になっています。外資系・日系含め圧倒的な求人数でオススメです。

 

海外出張シリーズはコチラをどうぞ。

外資系転職 海外出張編-失敗を許さない日本-香港編
香港では日本と違って顧客に製品のポジティブな部分をアピールして製品を買ってもらうのが一般的です。また欧米もそうです。日本では失敗を許さない文化が背景にあるため、製品のネガティブな面を重視してしまいます。欧米人にとっては理解できない日本の特殊性を香港出張で感じました。
外資系転職 海外出張編Part2 米国本社へ2週間の長期出張
米国は土地が広いので本社も広い。一人当たりのスペースも広く、個室が与えられています。一方で日本から来たプロサラには容赦ない詰めが行われます。日本の数字はどうなっているんだ、どうやって数字を上げていくのか。一回現場を見に来い!と約束を取り付けるのでした。本社とローカルの間の高い壁を感じた出張でした。

 

外資系転職については以下の記事も読まれています。

外資系企業とプレッシャー
外資系企業では会社とのコミットメントが非常に重要です。コミットした数字、目標には非常にシビアな目で見られます。日系企業のように毎日決まった時間に出社しても数字が達成できていなければ袋叩きにされます。
外資系企業での出世
外資系企業でのキャリアについて説明してきました。以上はあくまでプロサラの実体験です。マネジメント層になると中途採用で外からやってくることがほとんどです。また、業界にはピラミッド構造が存在しており、基本的にはピラミッドの上から下へキャリアアップする形で転職してくるのです。
外資系企業への転職
プロサラははじめての外資系企業への転職でカルチャーショックをかなり受けました。ですが、人間関係がある程度できてくるとその仕組みが合理的にできていることに気づきます。
ポストMBA外資系企業での面接術
外資系企業での面接術について紹介します。同業種・同業界の場合はスキル・経験の刷り合わせになるので何をやってきたのかを話しましょう。異業種・異業界の場合は熱意とキャッチアップするための具体的な努力を伝えましょう。両者に共通する対策として端的にかつ早口で話すようにしましょう。
ポストMBA外資系転職:米国本社勤務への壁
外資系メーカに勤めていた頃、プロサラは本社への出張はあるものの、米国本社で働くという機会には恵まれませんでした。実感として本社で働くのは相当な理由がないと難しいです。ポストMBA転職後に、米国本社で働きたい方、興味のある方に本社で働くために必要な事について説明します。

 

 

コメント