外資系から日系企業への転職で注意すべきこと

どうもプロサラです。

 

ブラック企業からMBA留学を経て、外資系へ転職、その後再び日系企業へ転職したプロサラですが、そこで思わぬ落とし穴にはまった経験があります。それがスピード重視で進める外資流を日系企業で行ってしまった点です。今回はこの経験を踏まえて、外資から日系へ転職した場合に注意すべきことについて書きます。

 

スピードと効率化を常に考えて仕事をしていた外資時代

外資系企業へ転職してからの5年間はひたすらパフォーマンスを出すことを目的に仕事をしていました。何をするにしても「結果」を考えて行動していました。そのためには単位時間当たりのアウトプット量を増やすこと、効率的に仕事を進めることを常に考える必要がありました。そのため、外資の5年間でスピードと効率を常に意識するようになっていました。

 

日系企業へ転職して同じことをして大失態

ところが日系企業へ転職してからのことです。あるプロジェクトを推進していく事になりました。特に自分の役割も明確になっていなかったのですが、スピードと効率を考えた結果、自分で思う進め方や意見についてパワポでまとめて会議で発表したことがあります。その結果、その場の全員から総スカンをくらいました。

 

最初はなぜなのかわからなかったのですが、後に根回しをせずに勝手に提案して何様だ、と思われていることに気づきました。外資系なら確実に賞賛されていたと思うのですが、日系では賞賛どころか悪く見られたのです。

 

大人しく「年齢と身分」相応の態度が必要な日系企業

大規模ないわゆる伝統的な日系企業ともなると、年齢と身分にふさわしい態度が求められます。若い者がいきなり自分の意見を年長者に向かって言ってはいけないのです。意見を言うためには上司や周りの意見を聞いてくれそうな年長者へ根回しをしてあらかじめ合意を得るなどが必要になります。

 

また、自分が言うのではなく、上の人に言ってもらうようにするなどの事前の交渉が必要です。こういった進め方が日系企業では重要になるのです。

 

まとめ

いかがでしたでしょうか?

 

外資系から日系企業へ転職するといかにも非効率でスピードが遅いと思ってしまいます。しかしながら日系企業は合意形成や皆で一緒にやっている、という周囲との協調性がとても重要です。外資から転職した場合はこの点を頭に入れておくことが何よりも大切になります。