プロサラ

MBAメリット

下位MBAであっても留学が価値を生む訳

社会人になり3年目くらいの26歳前後の人、もし自分の境遇に不満があるならばMBA留学を目指してみるべきです。30歳までに留学すれば良いのですから、準備期間は十分あります。その間にお金を貯め、英語力を鍛えて留学すれば留学後は人生が変わりますよ。
マネー術

副業を始める前に副業ができる環境を整える

副業を行うにはそれなりの環境を整える必要があります。いきなりフリーランスになるにはまだまだ抵抗の強い時代ではないでしょうか?そのような方にはホワイト環境+高い給与を実現させて副業に取り組むのが一番低リスクなやり方ではないでしょうか?
マネー術

プチ資本家への道をシミュレーションしてみる

プチ資本家になるためにシミュレーションしてみました。サラリーマンを続けながらコツコツ努力していけば10年後にはプチ資本家になれそうです。そのためには副業をコツコツやることと、株式や不動産の勉強と実践が求められます。
マネー術

プチ資本家へのステップ

プチ資本家になるまでの5つのステップについて解説しました。プロサラはステップ4にいます。あと4年くらいかけてステップ4を終えたいと思っております。そしてサラリーマンを卒業して経済的・時間的自由を手に入れ、プチ資本家になるのが目標です。
雑記

プチ資本家が変える労働市場

多数のプチ資本家の台頭により大企業と情報弱者・低所得者にとってはますます厳しい状況になるでしょう。個人の時代になったとはいいますが、個人の能力差によって格差はますます激しくなっていくものと思われます。
雑記

【論考】モーレツ社員として資本主義経済を支えた50年前の若者とプチ資本家となり資本主義経済を支える現代の若者

50年前と今では環境変化に伴い価値観は大幅に変化したように思います。当たり前の事ですが、何十年も前に社会人になった年長者の言う事を真に受けても時代は変わっていますので失敗する確率は高いです。成功するためには同時代を生きている人、同年代で突出したアウトプットを出している人を参考にした方がよいでしょう。
マネー術

大資本家にはなれなくともプチ資本家にはなれる

大資本家になることは難しくともプチ資本家には毎日の継続的な努力さえしていれば可能です。プロサラは恐らく40代手前で実現できそうです。遅くとも40代半ばにはこれを実現して、労働からの解放と時間的自由を手に入れることができそうです。
マネー術

将来は75歳くらいまで働いているかも

今回は日経新聞の記事から老後資金の準備の重要性について書きました。これまでのように企業からもらう給与だけでは不十分なので副業などで収入の柱を増やすことが求められる時代に移り変わりつつあります。
転職

管理職にはならない方がいい理由

管理職になっても給与は多少上がっても、それ以上に業務量が増えたり余計な会議に出席が義務付けられたり、部下から刺される可能性が出たりします。そんな負担が増えるくらいなら管理職にはならない方がよいかもしれません。
MBAメリット

キャリア不安・悩みの解決策としてのMBA par8将来的に楽したい方

今回は今の会社で働き続けた場合に将来が見通すことができない方にはMBA留学をオススメします。転職も一つの手段ですが、今の会社の経験やスキル、業界に近いところでの転職になってしまうため、失敗してしまう可能性があります。MBA留学ならば容易にキャリアチェンジできるので、将来的に楽したい、と思う方がいればオススメします。