すぐに効果が出る貯金を増やす方法教えます

マネー術

 

どうもプロサラです。

 

昨日、マネーフォワードから家計に関する記事が出ていたので紹介します。

 

これを例にすぐに貯金を増やす方法教えます!

 

収支を一目見てどこが改善できるか考えられるようにしなければいけません。

 

会社の財務諸表見るより簡単ですのですぐに慣れます。

 

全然別の話しですが、企業財務に詳しい人はすぐにファイナンシャルプランナーとかなれちゃいそうですね。

 

もし資産運用していきたいと思っているなら余裕資金を捻出する必要があります。

 

余裕資金は毎月の貯蓄、つまりは収入から支出を差し引いたものの蓄積です。

 

この蓄積を最大化することが重要です。

 

まずは支出の確認から

 

毎月の貯蓄は収入を最大化させることと支出を最小化させることです。

 

まず手っ取り早いのが支出を見直すことです。

 

マネーフォワードの記事より引用

31歳男性、手取り月18万「結婚のために貯金を増やしたい」

クレジットカードで買い物をすることが多いためか、年間では貯蓄できているのですが、月でみると毎月赤字です。35歳までには結婚したいと考えているので、貯金を増やしたいです。どうしたらよいでしょうか。

〈相談者プロフィール〉
・男性、31歳、独身
・職業:会社員
・手取り月収:18万円
・手取り年間ボーナス:100万円
・預貯金:20万円
・財形貯蓄:80万円
・資産運用:仮想通貨30万円

【家計の内訳(25万円)】
・住宅費:9万円(賃貸)
・保険:0.5万円(掛け捨ての医療保障)
・通信費:1万円(携帯)
・食費:4万円(外食含む)
・水道光熱費:0.7万円
・日用品:0.3万円
・趣味・娯楽費:2万円(映画や趣味の自転車代)
・衣服・美容費:2万円
・健康・医療費:0.5万円
・交際費:4万円
・その他:1万円

31歳男性、手取り月18万「結婚のために貯金を増やしたい」
読者のみなさんからいただいた家計や保険、ローンなど、お金の悩みにプロのファイナンシャルプランナーが答えるFPの家計相談シリーズ。今回はマネーフォワードから生まれたお金の相談窓口『mirai talk』のFPがお答えします。 クレジットカードで買い物をすることが多いためか、年間では貯蓄できているのですが、月でみると毎...

 

固定費をみる

 

上記の場合、「家賃」「通信費」「保険」が真っ先に上がる見直し対象です。月の手取りが18万円で家賃9万は高いです。

 

手取りの半分が家賃に取られています。3割くらいに見直す必要があります。

 

家賃は6万円くらいの所に住むのがこの人の収入にとって適正です。

 

これだけで年間36万円支出を下げられます。

 

次に通信費。毎月携帯代に1万円は高いです。5,000円にはできます。

 

プロサラはY!mobileを使ってます。毎月の携帯代金は4,5千円です。

 

(参考)携帯料金安くするならY!mobile

携帯料金安くするならY!mobile!
どうもプロサラです。 今回は携帯電話料金について気になるニュースがあったので紹介します。 東京の携帯代金が世界一高いというのです。 携帯キャリアはプロサラが4年前から使ってきたY!moblieがオス...

 

そうすると年間で6万円支出減少です。

 

そして「保険」ですが、この人は31歳で掛け捨ての医療保険に月5千円払っています。

 

民間の医療保険がそもそもいるのかどうか、疑問ですが、プロサラなら都民共済に加入します。

 

東京都民の場合です。神奈川県民なら神奈川県民共済に加入します。

 

そうする月額保険料が2000円ほど抑えられるはずです。年間2.4万円。

 

東京都民共済 公式ウェブサイト
万一の備えはまず共済で。小さな掛金で、暮らしの安心を守る都民共済。都道府県民共済グループの東京都民共済は、暮らしを守る手軽で堅実な保障制度として信頼いただいている共済です。

 

固定費を見直すと年間44.4万円の支出減少です。

固定費の次は変動費を見直し

 

固定費の見直しが終わったら次は変動費です。

 

変動費はまずは自分が我慢したら減らすことのできる交際費などを見直すといいでしょう。

 

個々人の付き合いやライフスタイルがあると思うので具体的な金額には落とし込みませんが、ルールを作っておくことです。

 

例えば、飲みづき合いの多い人であれば、週に1回飲み会に行く、とか二次会にはいかない、とかです。

 

職場で宣言するのもありです。

 

趣味の費用や美容、被服費用も買い方を工夫したりしましょう。

 

アウトレットやバーゲン、中古品など安く買える方法はいくらでもあります。

 

そして収入を見る

 

収入はすぐに上げることはできません。

 

プロサラは3つの方法があると思っています。

 

・今の会社で昇給する

・転職する

・副業する

 

一番は今の仕事に集中して成果をあげて昇給して行くことです。日本企業の場合、年功序列で毎年の昇給が少ない場合もあります。

 

これに不満がある人は外資系に転職しちゃいましょう。

 

最後に副業です。副業は時間がかかるし、本業がおろそかになってしまうので第一選択肢としてはオススメしません。

 

ですが、日本の大企業も残業削減、コスト削減から副業推進している会社もあるようです。

 

副業を行うことはこれからの時代、当たり前になるかもしれません。

 

まとめ

 

いかがでしたでしょうか?

 

今回は記事を例にしてどうやって貯蓄を貯めるか書きました。

 

具体的にはまずは支出を見直します。

 

固定費は家賃、光熱費、通信費、保険などが代表的です。

 

その次に変動費を見直しますが、これはルールを自分で作っておくことが大事です。

 

支出を見直したら収入を上げる努力をします。

 

具体的には今の仕事を頑張って昇給する、転職する、副業する、です。

 

これらを意識することで年間の貯蓄額が大幅に上がるはずです。

コメント