2019-07

外資系転職

外資系と日系の違い 役員報酬

デロイトの調査結果から外資系と日系企業の役員報酬の違いについて説明しました。これだけ大きな差がつくのは合理的な経営と温情主義の経営のスタイルの差に来るものであると推測します。雇用の守られる日系企業がいいか、成果重視、弱肉強食の外資系企業がいいか、分かれるところです。
キャリア戦略

キャリアップのための業界研究をしよう

特に業界を変えた転職を行いたい場合、PESTフレームワークを使って外部環境を調べてみましょう。それが企業にとって機会なのか、脅威なのかがわかります。そして各社のIR情報からこれら環境変化に対してどのような施策を打っているのか調べてみることで比較検討することができます。
MBA留学

MBA実践編 プロダクトライフサイクルマネジメントキャリア論

今回はプロダクトライフサイクルマネジメントについて説明しました。導入期、成長期、成熟期、衰退期の4つに分けられます。また、製品だけでなく業界や企業にもこの考え方を適用することも可能です。転職活動する際にもこのフレームワークで考えることができますのでやってみることをオススメします。
MBA留学

MBA実務編 EBITDAマルチプルとは

今回はEBITDAおよびEBITDAマルチプルについて説明しました。また、話題に上った武田のシャイアー買収を評価するとEBITDAマルチプルは10倍となり、業界平均の15倍に比べて低いことがわかりました。メディアが報じるように決して高い買い物をした訳ではないことは明らかです。
MBA留学

MBA実務編 PPM的キャリアの考え方

今回はPPMについての基本的な考え方について説明しました。また、プロサラの実際の経験やビジネス以外でも例えばキャリアプランを考える際にも有効です。PPMの考え方は色んな場面で役立ちますので頭に入れておくようにしましょう。
雑記

読書のススメpart3 読書は好奇心を刺激する

今回は読書によって刺激される好奇心について書きました。現代はインプット手法が豊富で様々な情報に簡単にアクセスできる時代です。好奇心を刺激されるチャネルが多くなりました。刺激された好奇心をさらに深堀りしていくためには本を読むことをオススメします。
雑記

読書のススメpart2 どんな本を読んできたか、読むべきか

年齢によって読む本が変わってきます。今思うのは中学生くらいで古典文学や岩波ジュニア新書ぐらいは読み漁っておいた方がよいですね。とにかく本からは色々な学びを得ました。これからも学んでいくつもりです。
雑記

読書のススメpart1 なぜ読書をするか

読書のススメ第1回はなぜ読書をするか、について書きました。読書は様々な人の経験や考え方を学ぶ事ができます。また、様々な知識に触れることで自分自身を豊かにしてくれるのです。プロサラが読書をする理由はここにあります。読書は限りある人生の幅を大きく広げてくれるツールなのです。
キャリア戦略

中小ブラックから大企業ホワイトへの転職は至難の業

ブラック企業からホワイト企業への転職は至難の技です。ブラック企業時代の友人で日系ホワイト大企業へ転職したのはプロサラ1人でした。皆同じようにブラックな環境で働き続けるのです。中小のブラック企業へ入社した場合はキャリア戦略をよく考えた上で転職しましょう。
雑記

自己啓発セミナーの誘いをしてくる友人に思う事

自己啓発セミナーに誘われまくるのでこの記事を書きました。自己啓発セミナーに誘ってくる人は弱い人間だと思って間違いないでしょう。そんな暇があったら一冊でも多くの本を読んで色んな価値観を取り入れ、どう生きていくかを自分で考えた方がよっぽどマシです。間違っても「自分が変われる」とかいう甘い言葉に騙されないようにしましょう。