MBA留学

MBA実務編 PPM的キャリアの考え方

今回はPPMについての基本的な考え方について説明しました。また、プロサラの実際の経験やビジネス以外でも例えばキャリアプランを考える際にも有効です。PPMの考え方は色んな場面で役立ちますので頭に入れておくようにしましょう。
雑記

読書のススメpart3 読書は好奇心を刺激する

今回は読書によって刺激される好奇心について書きました。現代はインプット手法が豊富で様々な情報に簡単にアクセスできる時代です。好奇心を刺激されるチャネルが多くなりました。刺激された好奇心をさらに深堀りしていくためには本を読むことをオススメします。
雑記

読書のススメpart2 どんな本を読んできたか、読むべきか

年齢によって読む本が変わってきます。今思うのは中学生くらいで古典文学や岩波ジュニア新書ぐらいは読み漁っておいた方がよいですね。とにかく本からは色々な学びを得ました。これからも学んでいくつもりです。
雑記

読書のススメpart1 なぜ読書をするか

読書のススメ第1回はなぜ読書をするか、について書きました。読書は様々な人の経験や考え方を学ぶ事ができます。また、様々な知識に触れることで自分自身を豊かにしてくれるのです。プロサラが読書をする理由はここにあります。読書は限りある人生の幅を大きく広げてくれるツールなのです。
キャリア戦略

中小ブラックから大企業ホワイトへの転職は至難の業

ブラック企業からホワイト企業への転職は至難の技です。ブラック企業時代の友人で日系ホワイト大企業へ転職したのはプロサラ1人でした。皆同じようにブラックな環境で働き続けるのです。中小のブラック企業へ入社した場合はキャリア戦略をよく考えた上で転職しましょう。
雑記

自己啓発セミナーの誘いをしてくる友人に思う事

自己啓発セミナーに誘われまくるのでこの記事を書きました。自己啓発セミナーに誘ってくる人は弱い人間だと思って間違いないでしょう。そんな暇があったら一冊でも多くの本を読んで色んな価値観を取り入れ、どう生きていくかを自分で考えた方がよっぽどマシです。間違っても「自分が変われる」とかいう甘い言葉に騙されないようにしましょう。
子育て術

子育てキャリア術part6 出世しない事

子育てキャリア術その6は出世しない事です。サラリーマンとして仕事はしつつも小さなビジネスでもいいので自分で手がけるようにしておいて、定年後はそのビジネスを大きくした方がよいです。30代から40代中盤くらいまでは最低限の仕事をしつつ子育てに専念し、その後は自分のビジネスを少しずつ大きくしていくのが理想でしょう。
子育て術

子育てキャリア術part5 年齢を考える事は非常に必要

今回は子育て開始時期とキャリアを年齢の観点で考えてみました。20代に結婚してしまうと大切なキャリア形成期を子育てに費やしてしまうことになります。30代中盤までにしっかりとキャリアを作って年収を上げておいて結婚、出産すれば高年収で子育ての時間もしっかり取れます。
子育て術

子育てキャリア術part4 子育てキャリアプラン 後編

子育てにどっぷり浸かるためのキャリアプランについて、企業規模と職種で4つのセグメントに分けて考えてみました。大企業で管理系職種が子育て環境には良く、中小企業で営業系職種が子育てするには厳しい環境であることがわかりました。
子育て術

子育てキャリア術part3 子育てキャリアプラン 前編

今回は子育てのキャリアプランについて書きました。子育てのしやすさで言えば、管理系の職種で大企業に勤めることです。逆に営業や販売系の職種でかつ中小企業で働いている場合は子育てには厳しい環境といっていいでしょう。次回はより深堀する形で具体的な子育てしたい方向けに、どうやってキャリアを作っていくか考えてみます。