投資術

東南アジアM&Aの状況

東南アジアへの投資は日系企業で盛んに行われています。しかしながら中国や香港も投資を活発化させているため、今後は現地企業の買収競争が過熱することが考えられます。また、M&Aの成功率は高いとはいえず、投資をしても失敗に終わってしまうケースも多いのが現状でしょう。
投資術

東南アジアのマーケットを知る

東南アジアの各国の経済状況を簡単に俯瞰しました。まとめると投資するなら人口ボーナス期にあるマレーシア、インドネシア、ミャンマー、ベトナムが狙い目であると言えます。
投資術

営業職は辞めた方がいいpart6 本部のいいなりになりかねない

大企業の営業職の場合、営業本部が絶対的な権力を持っています。本部で決められた数字が支店に下りてきます。支店長は本部に対して反抗はできずに黙って数字を達成するしかないのです。なぜなら反抗すると出世できなくなるから。そうして課長や課員に支店長からプレッシャーがかかります。
スポンサーリンク
キャリア戦略

営業職は辞めた方がいいpart5 誰でもできる代替性の高い仕事

営業職でいつづけると環境変化により職を失うリスクが大きくなります。そうならないためにも営業以外のスキルを推奨します。営業職は代替性の高い職なのでずっと営業職であることはオススメしません。
キャリア戦略

営業職は辞めた方がいいpart4 転勤させられる

営業職を辞めた方がいいことの一つとして転勤を挙げました。営業職の場合は辞令が出れば嫌でも転勤しなければなりません。また、転勤者だけではなく、家族もその影響を受けてしまいます。いくら営業職の給与が高くても転勤に伴う苦労をコストとして見たら割に合っていないかもしれません。
キャリア戦略

営業職は辞めた方がいいpart3 ビジネス下流部のため全体像が見えない

ビジネス全体が見えないのでやりがいが見えにくいのです。一方で企画やビジネス戦略などの上流の場合、世の中に対するインパクトを感じることができます。営業職でやりがいを感じれない人はより上流の職種にチャレンジしてみてはどうでしょうか?
キャリア戦略

営業職は辞めた方がいいpart2 ひたすら製品を売り続けなければならない

営業職をオススメしないのは顧客からのフィードバックは得れますが、それを製品開発や企画につなげることはできないからです。ただひたすら聞くしかできないのです。営業職をしててこの点に不満がある人は転職する、キャリアチェンジするなりして企画や開発系の職種へ行かれることをオススメします。
キャリア戦略

営業職は辞めた方がいいpart1 顧客に自分の時間をコントロールされる

営業職を辞めた方がいい理由の一つとして自分の時間が顧客にコントロールされてしまう点です。顧客都合で自分のプライベートの予定が潰れたり、夜遅く・朝早くに顧客に会ったりする必要があるからです。営業職から業種を買えて転職をしたいと思われている方は以下の記事が参考になります。
転職

ライフスタイルと仕事

それぞれの職種を経験してきたことから言うと、それぞれ一長一短あります。自分の性格やライフスタイルに合わせてどんな職種が合っているのか、転職時にはよく検討した方がいいでしょう。転職に関する記事は以下も参考になるので読んでみて下さい。
子育て術

結婚・出産と仕事

結婚・出産は人生の中でも大きなイベントです。これまでの生活の仕方を変える必要があります。これまでの経験では営業職やマーケティング職のように現場へ行く必要のある仕事は子育てへの参加が物理的に厳しいでしょう。それに比べて本社スタッフ職であれば融通の効く職種なのではないかと思います。
スポンサーリンク