キャリア戦略

社会人3年目までにやっておくべきこと

今から社会人なり立ての頃を振り返ってみると、嫌な会社・仕事はすぐに辞める、キャリアプラン、ライフプランを考える、マネーリテラシーを身に付ける、目的を持った自己投資をする、インプットした事をアウトプットする習慣を身に付ける、これらの事をやっていればもっと今が変わっていたと思います。
転職

得手・不得手を知る Part1 仕事とMBAでわかった自分

自分の得意・不得意は早く知るに越した事はありません。プロサラは30歳前後にしてようやくはっきりと自分の得手・不得手を知ることができました。知ることができれば後は得意な事をやって、苦手な事はやらないようにするのです。
キャリア戦略

MBA流 20代中流サラリーマン向けキャリアアップ術 part5 外資系企業勤務時代

外資系企業勤務時代は非常にエキサイティングでした。ビジネスのスピードが非常に早く、日本の製品群の責任者になったりと大きな仕事ができました。MBAで得た知識もフルで活かせました。
キャリア戦略

MBA流 20代中流サラリーマン向けキャリアアップ術 part4 MBA留学中

ブラック企業からMBA留学したことでキャリアの選択肢が大きく広がりました。帰国後のキャリアについては、自分のブラック時代の経験と、MBAで学んだマーケティングの知識を活かせる職種ということでプロダクトマーケティング、ブランドマーケティングの職を中心にキャリアを作っていこうと思っていました。
キャリア戦略

MBA流 20代中流サラリーマン向けキャリアアップ術 part3 ブラック企業からMBAへ

ブラック企業で将来性のない仕事を続けているとキャリア構築が難しくなります。プロサラの場合はMBA留学だけが未来を切り開くための扉でした。もし、ブラック企業で働いている人で未来がないと思っている方はMBA留学することをオススメします。次回は留学中について書きます。
キャリア戦略

MBA流 20代中流サラリーマン向けキャリアアップ術 part2 ブラック企業勤務時代

ブラック企業に入社したら上記を意識しましょう。何か一つでも当てはまれば働き続ける意味はありますが、何もない場合は転職しましょう。次回からはブラック企業からMBA留学へ移行するフェーズについて書きます。
キャリア戦略

MBA流 20代中流サラリーマン向けキャリアアップ術 part1 はじめに

今回はイントロダクションという形でプロサラのこれまでを簡単に振り返りました。次回以降は各フェーズにおいてはどのような行動をとってきたのか、取るべきなのかを考えていきたいと思います。
MBA留学

MBAキャリア相談part15 MBAでキャリアップしたい

今回は20代後半の方からMBA留学に関する相談を受けました。目的が曖昧な方だったので、回答としては目的を明確にすることを挙げさせて頂きます。そうでないともし留学することを決意したとしても挫折する可能性が高いです。
キャリア戦略

キャリアアップのためにも業界の流れを知っておこう

今回はみずほ銀行のシンクタンク部門が出しているレポートから産業セクター別の動向について簡単に紹介しました。日本企業はロボット、工作機械、電子部品領域に強みがあることがわかりました。医療機器や製薬業界はグローバル・日本双方での成長が見込めるものの、グローバル競争に勝つための戦略が必要になりそうです。
MBA留学

MBAキャリア相談part14 MBA留学するための資金準備の方法を教えて下さい

キャリアアップのためのMBA留学を目指したい、だけどお金が・・・。という方は結構いらっしゃるのではないでしょうか。今回回答した内容を実行することで少なくとも3年あれば資金的な準備ができるはずです。ある程度の貯金がある人であれば1年や2年で貯めることも可能でしょう。